提携のいきさつ

提携のいきさつ


1968年7月クライストチャーチ市出身のマイケルゴーマン氏が来倉し滞在。本市の文化・経済を研究するかたわら、倉敷市の物産展をクライストチャーチ市で開催したり、対日ニュージーランド通商施設団の来倉手配するなど積極的に両市並びにニュージーランドとの交流活動に尽力されました。

こうした状況のもと、クライストチャーチ市議会は、1972年7月に倉敷姉妹都市委員会を設置、同年10月に委員長が訪日を機に大山茂樹倉敷市長に面会しました。

また、1972年9月のクライストチャーチ・タウンホール開館式及び1973年1月の芸術祭の開催に際して倉敷市長へ公式招待状が届くなど、都市提携への積極的な呼びかけがありました。

これらの要請を受け、1973年3月7日倉敷市議会は、正式に姉妹都市提携を決議、クライストチャーチ市議会も同年3月13日に両市の姉妹都市提携を確認し、ニュージーランドの都市と日本の都市の、はじめての姉妹都市提携となりました。

交流の概要

両市の文化・観光・物産紹介の展示会,市民の絵画作品の展示会,親善訪問団の相互訪問等,幅広い交流が行われています。両市の提携が縁で, ニュージーランド国副首相,観光大臣等の来倉がありました。平成元年からは青少年の定期交流 (青少年生活体験団学生親善使節) ,同市からの英語指導助手の採用もはじまりました。近年では小学校の姉妹校交流をはじめ, 彫刻・彫刻家交換事業などの芸術,障がい者交流,スポーツ,教育,伝統芸能,行政等様々な分野で交 流が行われています。



平成5年(1993年)7月姉妹都市提携20周年記念親善訪問団が来倉

30周年記念式典で披露された青少年マオリ民族舞踊団による踊り
平成20年(2008年)11月姉妹都市提携35周年記念行事での両市長
平成20年(2008年)11月、姉妹都市提携35周年記念行事での両市長

学生親善使節の市長表敬訪問