倉敷CH市民交流協会

English =>

 倉敷市とNZのクライストチャーチ市は、1973年3月7日に姉妹都市縁組を締結して以来、市民の相互訪問,学生の定期相互訪問,音楽やスポーツ関係者の交流,民族芸能関係者の相互訪問や各種の展示会など幅広い活動をし、両市の姉妹都市友好の歴史を刻んできました。
 倉敷クライストチャーチ市民交流協会(KCA)は、こうした状況の下で多くの市民が姉妹都市交流に気軽に参加し,姉妹都市を市民の身近なものにしようと1985年1月20日に発足しました。
 KCAは、両市の間で交流事業があれば積極的に参画し、友好交流に努め、また、KCA主催でNZやクライストチャーチに関する各種講座を開催しました。一方、ク市で大地震が発生した時には、倉敷市内で救援募金活動を行ってク市に贈りました。
 KCAは、現在、会員数40数人で倉敷市や倉敷市国際交流協会と連携し、両市の友好親善促進のために活動しています。また、会員がお互いを理解し、連帯感を醸成するための行事を開催し、会員の親睦にも努めています。

宇野会長から一言

会長写真
会長  宇野音平

会長  宇野音平

 

 倉敷クライストチャーチ市民交流協会(KCA)は、姉妹都市交流を市民の手で促進しようと1985年1月20日に発足しました。
 people to people, heart to heart をモットーに草の根交流を展開しており、2015年には創立30周年の大きな節目を迎えました。
 クライストチャーチ市から訪問団来倉の時には、ホームステイや日本文化に接する機会を提供してきました。一方、倉敷市からクライストチャーチ市へ青少年生活体験団派遣する際には、引率者を派遣し、事前研修の支援を行っています。さらにNZを学ぶ講演会や料理教室などを開催しています。
 姉妹都市交流に関心のある方は、私達と一緒に活動しませんか。一人でも多くの皆様が加入して下さることを願っています。