留学生等への中古自転車交付

留学生等への中古自転車交付事業

 倉敷市国際交流協会留学生等自転車交付制度は、留学生の経済的負担を軽減し,留学生が快適に勉学できることを目的に,市内に放置された自転車を整備し,大学を通じて倉敷市内の留学生に無償で提供するものです。


倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式(平成28年度)

 
贈呈式の集合写真
平成28年4月6日(水曜日)倉敷芸術科学大学において,16名の留学生に中古自転車を贈呈しました(式当日は1名欠席)。贈呈式では倉敷市国際交流協会の小川洋一会長が「自転車で観光と文化のまち・倉敷を巡ってほしい」とあいさつ。留学生を代表し,台湾出身で芸術学部の張璇さんが日本語で「いろいろな所へいくことができ、とても助かります。大切に使います。ありがとうございます。」と謝辞を述べられました。天気にも恵まれ,自転車を利用する際の諸注意を聞いた後、みなさん嬉しそうにさっそく自転車の乗り心地を試していました。

同大への自転車贈呈は平成13年度からはじまり今回で17回目となりました。16名は、中国,台湾,スリランカ,ベトナム,からの留学生でした。

また平成28年度は,くらしき作陽大学の中国から来た留学生1名にも自転車を贈呈しています。

倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式(平成27年度)


贈呈式1
自転車贈呈式の様子
平成27年4月6日(金曜日)倉敷芸術科学大学において,20名の留学生に中古自転車を贈呈しました(式当日は8名欠席)。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「自転車で倉敷のまちを回って,多くの人たちとの交流を楽しんでください。」とあいさつ。留学生を代表し,スリランカ出身で食文化学部のマーリ・ウィラーシニさんが日本語で「大切に使います。ありがとうございます。」と謝辞を述べられました。あいにくの小雨で天候には恵まれませんでしたが,留学生の皆さんの笑顔が晴れやかで印象的でした。

同大への自転車贈呈は平成13年度からはじまり今回で16回目となりました。20名はパキスタン,中国,韓国,スリランカ,ベトナム,マレーシア,チュニジアからの留学生でした。

倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式(平成26年度)

自転車贈呈式

 平成26年4月4日(金)倉敷芸術科学大学において,11名の留学生に中古自転車を贈呈しました(式当日は2名欠席)。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「倉敷の街をよく見て回って,たくさんの人々と交流してください。」とあいさつ。留学生を代表し,中国出身で人間文化研究科の祁燁偉(キ・カイ)さんが日本語で「倉敷には多くの観光スポットがあるので,この自転車を活用して見て回りたい。本当にありがとうございました。」と謝辞を述べられました。その後,さっそく桜の咲いた校庭で自転車を試し乗りしていました。

 同大への自転車贈呈は平成13年度からはじまり今回で14回目となりました。11名は中国,台湾,ベトナム,マレーシア,ネパールからの留学生でした。

 
 また平成26年度は,くらしき作陽大学の中国から来た留学生11名にも自転車を贈呈しています。

追加交付


自転車贈呈式
自転車贈呈式
 

  倉敷芸術科学大学へイスラム圏からはじめてとなるパキスタン留学生が9月に入学することになり,4月に引き続き自転車による生活支援の実施を行いました。平成26年10月9日(木)倉敷芸術科学大学において,パキスタン留学生10名を含む22名の留学生に中古自転車を贈呈しました(式当日は3名欠席)。贈呈式では留学生を代表し,パキスタン出身のイフィタカール・バクタワールさんが日本語で「自転車は私達にとってとても大切なものです。ありがとうございます。」とお礼の言葉を述べられました。
 同大への自転車贈呈は平成13年度からはじまり今回で15回目となりました。22名はパキスタン,中国,ベトナムからの留学生でした。

 

くらしき作陽大学 自転車贈呈式(平成25年度)

くらしき作陽大学 自転車贈呈式

 平成25年4月5日(金)くらしき作陽大学において,6名の留学生に中古自転車を贈呈しました。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「倉敷の街をよく見て回って,たくさんの人々と交流してください。」とあいさつ。留学生を代表し,中国出身で食文化学部の阮祈(ゲン・キ)さんが日本語で「日中友好に貢献したい。自転車を贈呈していただき本当にありがとうございます。」と謝辞を述べられました。自転車を利用する際の諸注意を聞いた後,満開の桜道をさっそく自転車に乗っていきました。

 同大への自転車贈呈は平成21年度からはじまり今回で5回目となりました。6人はみな中国からの留学生でした。

 
 また平成25年度は,倉敷芸術科学大学の中国,韓国,マレーシア,ベトナムから来た留学生14人にも自転車を贈呈しています。


倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式(平成24年度)

倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式

 平成24年4月6日(金)倉敷芸術科学大学において,25名の留学生に中古自転車を贈呈しました。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「自転車を活用して,充実した学生生活を送ってください。」とあいさつ。留学生を代表し,韓国出身で観光学部の朴ソンイさんが日本語でたくさんの謝辞を述べられました。天気にも恵まれ,自転車を利用する際の諸注意を聞いた後、みなさん嬉しそうにさっそく自転車の乗り心地を試していました。

 同大への自転車贈呈は平成13年度からはじまり今回で12回目となりました。25人は中国、韓国、マレーシアからの留学生でした。

 
 また平成24年度は,くらしき作陽大学の中国から来た留学生3人にも自転車を贈呈しています。


くらしき作陽大学 自転車贈呈式(平成23年度)

くらしき作陽大学 自転車贈呈式

 平成23年4月22日(金)くらしき作陽大学において,11名の留学生に中古自転車を贈呈しました。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「自転車を活用して,充実した学生生活を送ってください。」とあいさつ。留学生を代表し,中国出身で食文化学部のケイ・コウエンさんが日本語でたくさんの謝辞を述べられました。あいにく小雨が降る中での贈呈式でしたが,みなさん嬉しそうにさっそく自転車に乗って帰られました。

 同大への自転車贈呈は平成21年度からはじまり今回で3回目となりました。11人はみな中国からの留学生でした。

 
 また平成23年度は,倉敷芸術科学大学の中国,韓国,ネパール,マレーシア,スリランカ,ミャンマーから来た留学生39人にも自転車を贈呈しています。


くらしき作陽大学 自転車贈呈式

くらしき作陽大学 自転車贈呈式 平成22年4月9日(金)くらしき作陽大学において,11名の留学生に中古自転車を贈呈しました。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「自転車に乗って,倉敷の街を見て回ってください。」とあいさつ。留学生を代表し,中国山東省出身で食文化学部のヨウ・ガイリンさんが「日本のルールや規律を守って、自転車を使わせていただきます。」と日本語で謝辞を述べられました。満開の桜の下、自転車を押して歩く留学生の笑顔がとても印象的でした。

 同大への自転車贈呈は平成21年度に続いて2回目となりました。11人はみな中国からの留学生でした。

 また平成22年度は,倉敷芸術科学大学の留学生14人にも自転車を贈呈しています。




倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式

倉敷芸術科学大学 自転車贈呈式 平成21年4月17日(金)倉敷芸術科学大学において,45名の留学生に中古自転車を贈呈しました。贈呈式では倉敷市国際交流協会の藤原均会長が「自転車を十分活用して,市内の街でたくさんの人と交流してください。」とあいさつ。留学生を代表し,中国出身で産業科学技術学部のリ・シンさんが「自転車で街を走ることで視野が広がります。大切に使います。」と丁寧な日本語で謝辞を述べられました。留学生のみなさんはさっそく自転車の乗り心地を試していました。

 平成21年度で9回目の贈呈となり,同大学に通学する中国,韓国,ミャンマー,スリランカから来た留学生に贈呈しました。
 また,同大学のほかに,くらしき作陽大学の留学生5人にも中古自転車を贈呈しました。