健康危機管理

健康危機管理 コンテンツ

被災地支援 保健活動を行っています

 平成23年3月11日の未曾有の大震災により、犠牲となられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、ご家族・ご親族の皆様にお悔やみ申し上げます。また、被災された方々におかれまして、心よりお見舞い申し上げます。
 倉敷市保健所は、以下のとおり被災地での保健活動を行っております。 
 平成23年3月18日(金曜日)~4月27日(木曜日)保健師等チーム派遣 被災地の避難所や地域の在宅被災者への健康調査・健康管理・健康相談、心のケアなどを行っています。

【派遣期間・場所および活動内容】

    ◎3月18日(金曜日)~4月7日(木曜日)岩手県大船渡市(末崎(まっさき)町)
       末崎中学校の避難所を中心に12箇所の避難所を巡回し、健康相談や心のケアを行ってまいりました。      ◎4月8日(金曜日)~4月27日(木曜日)岩手県陸前高田市(小友(おとも)町)

      第1中学校の避難所及び対策本部を拠点とし、小友町内の在宅被災者の康調査活動を行いました。

    ◎5月5日(木曜日)~5月31日(火曜日)岩手県大船渡市
 ◎7月28日(木曜日)~8月7日(日曜日)岩手県大船渡市
 ◎8月17日(水曜日)~8月23日(火曜日)岩手県大船渡市
 ◎8月25日(木曜日)~8月31日(水曜日)岩手県大船渡市

 ◎平成24年2月19日(日曜日)~2月25日(土曜日)福島県いわき市
 原発避難区域の方が避難されている仮設住宅で、健康管理のための家庭訪問、健康相談などを行ってきました。

【派遣職員】 第1班 保健所医師1名、保健師2名、事務職1名の4名のチーム
      第2班~第9班   保健師2名、事務職1名の3名1チーム

      第10班~第15班  保健師1名が岡山県チームとして活動

      第16班~第20班  保健師2名が岡山県チームとして活動

<活動の様子>
 写真:被災者の健康相談をしているところ

 

倉敷市に居住される被災者の皆様へ健康相談等のお知らせ

健康相談・心の健康相談のお知らせ


  東日本大震災によりお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈りし、被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

 倉敷市保健所では、震災に伴う精神的ストレスを受けた方々に、健康相談・心の健康相談をお受けしております。

 未曾有の大震災でございます。身体的にも精神的にも、多大な衝撃や疲労をご経験されたこととお察しいたします。

身体的不調は精神的不調をもたらし、精神的不調は身体的不調をもたらします。
例えば、 地震や津波のことを思い出し、不安や恐怖を感じる

寝つきが悪い、夜間たびたび目が覚める

夜眠れない

食欲がない

医療機関にかかりたいが、どこにいけばいいかわからない

子どもの様子が何となくいつもと違う…

いろいろな思いがあるかと思いますが、心の中にためてしまわず、

少しでも誰かに話をしてみることで、心の軽さと平常を保てることが

出来るのではないかと思います。

倉敷市の保健師は、そのお手伝いをさせていただければと思います。

  少しのことでもかまいません。身体や健康のことで気になること、心の重さを感じることがあれば、ご相談ください。

 倉敷市保健所 保健課 精神保健係      電話086-434-9823

 倉敷地区 倉敷保健推進室       電話086-434-9822

 児島地区 児島保健推進室       電話086-473-4371

 玉島地区 玉島保健推進室       電話086-522-8113

      真備保健推進室       電話086-698-5111

 水島地区 水島保健推進室       電話086-446-1115

倉敷市に居住される被災妊婦さん・子どもさんへ


 「罹災・被災者」=東日本大震災による罹災または被災証明の対象者となります。

  予防接種の取り扱い

 罹災・被災者となる対象者の方は、被災地において、予防接種実施依頼書の発行行事務が極めて困難であるため、予防接種実施依頼書がなくても、被災者からの申し出をもって居住地から予防接種実施依頼があったものとして対応することとしています。

 住民登録外住民として、無料で予防接種をお受けいただけます。

詳しくは、倉敷市保健所 保健課 感染症係 086-434-9810にお尋ねください。

  妊婦さんや赤ちゃんの健康診査について

罹災・被災者となる対象者の方で、交付された受診票を紛失または被災地の自治体で償還払いの手続きを行うことが困難な妊婦さんや乳児には、倉敷市の妊婦健康診査、乳児健康診査の受診票を交付します。

詳しくは、倉敷市保健所 健康づくり課 健康管理係 086-434-9820へお尋ねください。

 母子健康手帳の交付について

 罹災・被災者となる対象者の方で、紛失、または被災地の自治体での交付を受けることが難しい方には、倉敷市のおやこ健康手帳(母子健康手帳)を交付します。 


 詳しくは、倉敷市保健所
健康づくり課  健康管理係 086-434-9820へお尋ねください。

  幼児の健康診査、その他の母子保健サービスについて

 罹災・被災者となる対象者の方は、被災地においては、幼児の健康診査や保健師の家庭訪問指導等母子保健サービスの依頼書を発行することが極めて困難であるため、依頼書がなくても、被災者からの申し出をもって居住地から母子保健サービスの実施依頼があったものとして対応します。

   詳しくは、倉敷市保健所健康づくり課 健康管理係 086-434-9820へお尋ねください。