歴史資料整備室

歴史資料整備室は,過去・現在の記録を未来にいかすために活動している部署です。

倉紡掘割
【倉紡西側掘割 撮影年月日未詳】
内田錬太郎氏寄贈フィルム3781
画像をクリックすると解説文と関連画像をご覧いただけます。

倉敷市歴史資料専門員(非常勤嘱託員)採用試験(総務部総務課)

■ 勤務場所

  ・倉敷市役所総務局総務部総務課歴史資料整備室

   〒710-1398 倉敷市真備町箭田1141-1 倉敷市真備支所3階

■ 業務内容 

  ・歴史資料整備室にて,歴史資料の調査,収集,整理,保存,活用業務等

((1)歴史公文書,古文書等の歴史資料の調査・収集・整理・保存,(2)研究誌『倉敷の歴史』の執筆・編集・発送・販売事務,(3)歴史資料講座・古文書解読講座の実施(講師・事務),(4)図書等の管理,(5)資料に関する閲覧・複写などの窓口対応およびレファレンス業務,(6)ホームページ管理,(7)展示業務)

  ・その他所属長が命ずる業務

■ 募集人員

  ・2名程度

■ 任用期間

  ・平成29年4月1日 ~ 平成30年3月31日

   (勤務実績等良好な場合に限り,最長で5年を限度に,本人の同意を得て年度毎に更新する場合があります。ただし,満65歳に達した日の属する年度を越えての更新はありません。)

■ 受験資格

   次の⑴~⑸のすべての要件を満たす人が,この試験を受けることができます。年齢は問いません。

⑴   次のいずれかに該当する人

 ・   大学又は大学院において日本史又は関連科目を専攻し,学芸員資格を有すること

 ・   類似施設で3年以上の勤務経験を有すること

⑵  古文書を解読する能力を持ち,古文書の整理業務や研究業務に従事した経験がある人

⑶   資料作成ができる程度にパソコン(ワード・エクセル等)に習熟した人

⑷   電話・窓口業務に対応できる人

⑸   普通または中型自動車免許を所持し,自ら運転できる人

 ※詳しくは受験案内を御参照ください。受験案内(PDFファイル

■   身分及び報酬

 ・身分は一般職の非常勤嘱託員

  ・報酬は月額 152,000円(予定)

  ・所得税,社会保険料等が報酬から控除されます。

 ・報酬の支払日は,月末締めの翌月11日です。

 ・条件に応じて通勤費相当額が別途支給されます。その他の手当,退職金の支給はありません。

 ・昇給はありません。

■ 勤務時間及び週休日等

  ・勤務時間:月~金の間で1週間当たり30時間

   1日7.5時間(8時30分~17時00分で休憩1時間)×週4日勤務の場合と,1日6時 間(10時15分~17時15分で休憩1時間)×週5日勤務の場合があります。勤務シフトは本人の希望ではなく,歴史資料整備室の業務都合により決定されます。

  ・週休日:土曜日及び日曜日。週4日勤務の場合に限り,別に週1日。

  ・祝日法の定める休日及び年末年始の休日があります。

・年次有給休暇,特別休暇があります。
■ 社会保険等

・全国健康保険協会管掌健康保険,厚生年金保険,雇用保険が適用されます。

・地方公務員法に基づき,守秘義務や営利企業等の従事制限(兼業の禁止)等,地方公務員として義務が課されることとなります。

■ 受験申込書等入手方法(電話,Eメールでの受験申込書等の送付請求はできません。)

  <インターネットで出力する場合>

 次のファイルをダウンロードし,用紙にプリントアウトし,使用してください。

  ・受験案内(PDFファイル)(A4)

  ・受験申込書(PDFファイル)(A4)(できる限り両面印刷)

  ・受験票(PDFファイル)(はがき)(はがきに直接プリントするか,はがきサイズで印刷したものをはがきへ貼付)

 <直接取りに行く場合(配布場所)>

  ・倉敷市役所4階総務部総務課

  ・倉敷市真備支所3階総務課歴史資料整備室

 <郵便で入手する場合>

  表に「申込書請求:歴史資料専門員」と朱書きし,差出人を明記した封筒に,82円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(長3形<たて23.5cm×よこ12.0cm>)を同封して,倉敷市真備支所3階総務課歴史資料整備室(〒710-1398 倉敷市真備町箭田1141-1)へ請求してください。

■ 提出書類

 ・ (1)受験申込書(写真貼付)(2)受験票(はがき)(3)作文「今後,倉敷市はどのように歴史資料(歴史公文書・古文書等)の保存と利用を進めるべきか」(パソコンでA4判1枚,1200字程度横書き,書式自由)(4)学芸員資格を証するものの写し(ある場合)を,倉敷市真備支所3階総務課歴史資料整備室へ持参,又は郵送。受験票は返送するため,宛名面に受験者の宛て先を明記し,52円切手を貼ってください(52円の額面料金がある場合,切手の貼付は不要)。郵送の場合は封筒の表に「受験申込:歴史資料専門員」と朱書してください。

■ 受付期限

  ・平成29年2月10日(金曜日)(土曜日・日曜日を除く)

  ※郵送の場合は,2月8日(水曜日)までの消印有効。

 <持参する場合>

 受付時間:9時00分~17時15分

 <郵送での申込の場合>

 封筒(長3形<たて23.5cm×よこ12.0cm>)に「受験申込:歴史資料専門員」と朱書きしてください。

 <受験票の交付>

 提出された申込書により受験資格を審査した後,受験票を郵送します。試験当日には必ず受験票を持参してください。2月16日(木曜日)までに受験票が届かない場合は,2月17日(金曜日)17時15分までに下記問い合わせ先まで連絡してください。

■ 試験の内容

  ・日時:平成29年2月18日(土曜日) 受付時間は受験票に記載

  ・会場:真備保健福祉会館1階会議室

  ・試験の内容:書類選考と面接による(面接の中で歴史資料解読テストを行う)。

  ・合格発表:平成29年3月3日(金曜日)までに発送する。合格者には電話でも連絡。

  ※応募書類は返却しません。求人者の責任で廃棄します。

■ 問い合わせ先

  ・倉敷市役所総務局総務部総務課歴史資料整備室 電話086-698-8151 FAX 086-698-7081

   メールアドレス hisedit@city.kurashiki.okayama.jp

所蔵歴史資料の公開目録データを追加しました

歴史資料整備室が保管する主な歴史資料の目録データ(PDF形式)を追加しました。(「主な所蔵歴史資料」のページに列挙している資料名に,目録データへのリンクを貼っています)。「倉敷市所蔵文書目録の利用にあたって(PDF)」の注意事項を順守のうえ,調査・研究の際の検索用データとして御活用ください。
※新規追加分  【移管資料】旧庄支所保管文書,天城村文書,粒江村文書,
              吉田家文書,黒石村文書,西阿知町役場文書,
              古新田外新田村文書,白楽市村文書,西中新田村
              文書,東中新田村文書,白楽市新田村文書,埋川
              新田村文書,埋川村文書,四十瀬新田村文書,
              吉岡村文書,笹沖新田村文書,笹沖村文書,安江
              村文書,鞭木新田古新田村文書,渋江村文書,
              鉄穴流し文書,板野家文書 
        【寄贈資料】尾崎家文書(備中国児島郡田之口村)

『倉敷の歴史』第26号が発刊されました

『倉敷の歴史』第26号が発刊されました。本年も多くの方から原稿をお寄せいただき,倉敷市域の歴史について考察した論文,市域に関連する史料の紹介,倉敷市ゆかりの方からの聞書きなど,充実した内容となっております。御興味を持たれた方は是非御一読ください。(目次はこちら
頒布価格は1冊900円,倉敷市真備支所3階の総務課歴史資料整備室または倉敷市役所本庁4階の総務課にて販売しております。郵送での購入を希望される方は,電話(086-698-8151)・メール(hisedit@city.kurashiki.okayama.jp)等で当室まで御連絡ください。詳細を御案内申し上げます。
『倉敷の歴史』第26号