車両

ポンプ車・・・揚水・放水機能を持ち、ホース、吸管、小型の3連はしご、ホースカー等を装備しています。消火活動は、消火栓や防火水槽に吸管を入れ、ポンプで水を吸い上げ、ホースから放水することが基本となります。

タンク車・・・2,000リットルの水槽を積載し、現場到着後すぐに放水が可能です。

救助工作車・・・人命救助活動に使用されます。交通事故などで車両に閉じ込められた人を助けることが多く、エアカッター、油圧式拡張機(スプレッダー)などを搭載しています。


梯子車・・・高所の消火及び救助に使用されます。30メートルまで伸梯し、50メートルの高さまで届くものもあります。はしご部分には、人を乗せるバスケットが設けられています。バスケットは、はしご先端部につけられた籠であり、2~3人乗りが標準的です。

 

化学車・・・水による消火が不可能か危険な場合に化学消火薬剤噴霧・泡消火剤放射で消火します。

水槽車・・・大量の水をタンクに詰め消火栓等の水利が無い火災現場での支援を主目的にした車両です。小型動力ポンプを搭載するため、本来の移動水利としての用途のみならず初期消火へも対応可能です。

 

救急車・・・負傷者・病人などを緊急に病院などに運べるように装備された自動車をいい、病院で治療を受けるまでの応急救護を行います。 

指令車・・・指揮車は災害活動の現場で指揮を執る「指揮隊」が搭乗する車両で、作戦図板になる折り畳み式テーブルを搭載している。