利用案内

利用案内


事務所は真備支所3階西側階段・エレベーターの側にあります。こちらにお出でください。

開室日・開室時間

月曜~金曜日 8時30分~17時15分(土・日・祝日・年末年始は閉室)
資料の請求時間は,9時~12時,13時~16時30分です。

倉敷市域・備中地域の地誌,自治体史,郷土史,写真集等の閲覧

閲覧席
主要な書籍を事務所閲覧席横の書棚に配架しております。こちらは申請不要で自由に閲覧していただけます。
書棚にお探しの書籍が見当たらない場合は職員におたずねください。書庫内にある場合は職員が出納します。

古文書・歴史公文書・写真・フィルムの閲覧

書庫内の資料を職員が出納する形態を取っています。閲覧をご希望の場合は,事務所にて職員にお申し出ください(できるだけ事前に電話・メール等で来室日時を連絡・調整いただくのが望ましい)。職員が検索用の目録をお出ししますので,その中から閲覧を希望する資料を特定し,資料閲覧等許可申請書に必要事項をご記入ください(閲覧を希望する資料が多数に上る場合は、別紙細目録もあわせてご利用ください)。該当する資料を職員がお出しします。職員が資料をお出しするまでに,資料閲覧にあたってのお願いをご一読のうえ,大切に取り扱ってください。
古文書の例
原資料(古文書など)のうちマイクロフィルム・デジタルデータなど複製物があるものについては,原則として複製物での閲覧をお願いしております。原資料の閲覧を希望される場合はご相談ください。
寄託資料(個人の所蔵資料を市が寄託借用しているもの)・調査資料(個人や他機関の所蔵資料をマイクロフィルム・コピー等の形態で複製したもの)の利用にあたっては,「閲覧等承諾書」によって所蔵者の許可を得ていただく必要があります。これらの資料の利用に関しましては,電話・メール等で事前にお問い合わせください。
      ●資料閲覧等許可申請書(PDF ・ Word ・ 記入例
      ●細目録(PDF ・ Excel ・ 記入例
      ●閲覧等承諾書(PDF ・ Word ・ 記入例
絵図等の大型資料は広げるスペースを確保する必要もありますので,電話・メール等で事前にお問い合わせください。資料の中には一部閲覧・利用に制限を設けているものもあります。特に歴史公文書の利用には,文書に含まれる利用制限情報(個人に関する情報等)の確認が必要なため,内容によっては利用申請をしてから審査に時間をいただきます。申請当日に利用できない場合がありますので御了承ください。

調べごとをしたいが具体的にどの資料をみたらよいのかわからない場合

何について調べているのか,何を知りたいのか,どんな資料が必要なのか,事前にご相談ください。目的にみあった資料・書籍の有無について,職員が可能な限りご案内します。(例:近世倉敷村の町割がわかる資料はないか・児島の昔の風景を撮った写真はないか等)。ただし資料内容の個別調査については対応できない場合もあります。

資料の複写

コピー機による複写は1枚10円,持参のカメラで撮影される場合は無料です。
古文書などの原資料は資料保護の観点からマイクロフィルムからの複写(1枚10円),または持参カメラでの撮影(無料)をお願いしています。
原資料の複写(カメラでの撮影・マイクロフィルム等からの複写)を希望される場合は,「資料閲覧等許可申請書」に必要事項を記入のうえ,職員までお申し出ください。
      ●資料閲覧等許可申請書(PDF ・ Word ・ 記入例
なお,簡単な撮影台もあります。こちらの利用についても職員までお申し出ください。

書籍・資料の貸出

原則として行っておりません。

資料写真の出版物・ウェブサイトへの掲載,放映への利用

当室備え付けの「資料閲覧等許可申請書」に必要事項を記入のうえ、事前に申請してください。利用にあたっての遵守事項その他については,申請の際にご相談ください。
      ●資料閲覧等許可申請書(PDF ・ Word ・ 記入例

研究誌『倉敷の歴史』の購入

ご希望の巻号を職員にお申し付けください。在庫のあるものについては頒布・販売しております。詳しくは刊行物紹介をご参照ください。

歴史資料整備室からのお願い

地域に所在する歴史資料について,情報をお寄せいただけますと幸いです。

倉敷市市史編さん等資料の閲覧等に関する要領

この利用案内は,「倉敷市市史編さん等資料の閲覧等に関する要領」に基づきます。要領の原文をご覧になられる場合は,以下のファイルをダウンロードのうえご参照ください。
   ●倉敷市市史編さん等資料の閲覧等に関する要領(PDF ・ Word