当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

市役所の取組

市役所の取組

市は、市域の総合的な温暖化対策の推進者として、市民や事業者が温暖化対策に取り組むための環境づくりを行うとともに、一排出事業者として自ら率先して排出抑制に取り組んでいます。

倉敷市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

本市では,2000年度(平成12年度)から「倉敷市地球温暖化防止活動実行計画」(第1期計画,第2期計画)及び「倉敷市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」(第3期計画)に基づき,全職員が共通認識のもと,温室効果ガス排出削減の取り組みを推進してきました。

第1期計画及び第2期計画では,いずれも削減目標を達成しており,2020年度(平成32年度)を目標年とする第3期計画に沿って継続的な取り組みを進めてきましたが,2016(平成28)年5月に閣議決定された,国の「地球温暖化対策計画」では,非常に高い中期目標(2030年度において,2013年度比26.0%減の水準にする)を掲げ,これまで以上に徹底した取り組みを求めています。
 本市においても,中核市として我が国が目指す高い削減目標の達成に寄与していくためには,従来の排出削減対策や計画推進体制を見直し,より具体的で実効性の高い「改定第3期計画」への発展が必要となりました。

 このような背景から,2018(平成30)年3月に「倉敷市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を改定し,新たな目標達成に向けて,温室効果ガス排出削減に取り組んでいます。

  ⇒倉敷市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)のダウンロード(PDF形式 620KB)

<計画の位置づけ>

計画の位置づけ


<市役所の温室効果ガス排出量及び削減目標>

削減目標

「節電くらしき」


 倉敷市では、「間引き点灯」「エコタップの使用」「こまめに電源OFF」など、部署ごとに重点的に取り組む項目を決めて節電を励行しています。
 これらの取り組みにより、平成23年度から毎年電気使用量の削減を達成しています。

 再生可能エネルギーの導入

 庁舎や公共施設などに、率先して再生可能エネルギー利用設備を導入しています。
 ⇒本庁舎の太陽光発電システム
 ⇒公共施設の太陽光発電システム

「緑のカーテン」の取組

 本庁や支所等の公共施設に緑のカーテンを設置しています。
 (⇓ 詳細は下の画像をクリックしてください。)
 写真:緑のカーテン

クールビズ・ウォームビズ

 全庁職員を対象に、毎年クールビズ・ウォームビズを実施しています。
 

電気自動車の導入

 公用車に走行中に排気ガスとCO2の排出がない,もしくは少ない低公害車の導入を行っています。
 【導入実績】電気自動車24台、プラグインハイブリッド車2台 (※平成28年度末時点)