しくみ


介護保険制度のしくみ

 
 わが国では、急速な高齢化や少子化の進展とともに、介護の問題が老後の最大の不安要因となっています。介護保険制度は、老後の安心をみんなで支えるため、40歳以上の皆さんが保険料を出し合い、介護が必要な方を社会全体で支えるしくみです。


被保険者
保険料を納付します。
要介護認定を受けサービスを利用します。
利用料を支払います。

65歳以上の人
40歳から64歳までの人

第1号被保険者


第2号被保険者
[65歳以上のすべての方]
[40歳から64歳までの医療保険加入者]








サービスを利用できるのは・・・



サービスを利用できるのは・・・



  • 寝たきりや認知症などで日常の動作について常に介護を要する方
  • 家事や身支度など日常生活の一部に支援が必要な方

  • 初老期の認知症・脳血管障がいなど老化にともなう 特定疾病 のために日常生活に介護や支援が必要な方
  [介護保険の対象(被保険者)とならない人]




保険者(倉敷市)
  • 介護保険制度を運営し、サービスの基盤を整備します。
  • 要介護認定を行います。
  • 保険料を徴収します。
  • 介護報酬を支払います。



サービス事業者
  • 指定を受けた社会福祉法人、医療機関、民間企業、NPO法人などがサービスを提供します。