障がい基礎年金の子の加算について

障がい基礎年金の子の加算について

障がい基礎年金の子の加算で、児童扶養手当法の取扱いが変更(平成23年4月~)

 児童扶養手当については、対象児童が父もしくは母に支給される年金の加算対象になっている場合は手当を受給することができません。
 しかし、平成23年4月分から障がい基礎年金における子の加算の運用が見直されました。
 その結果、障がい基礎年金の子の加算対象となっている児童でも、児童扶養手当の支給額が加算額よりも多ければ、児童扶養手当が支給されることとなります。
 ただし、1人の児童について、児童扶養手当と障がい基礎年金の子の加算の両方を受け取ることはできません。

 具体的には、次のような取扱いになります。

 1  児童扶養手当の1人目の支給額が、18,920以上の場合
   → 1人目のみ児童扶養手当が支給され、2人目以降は障がい基礎年金の子の加算額が支給されます。
 
 2 児童扶養手当の1人目の支給額が、18,910円以下の場合
   → 3人目について児童扶養手当の1人目の金額が支給され、
     それ以外の児童には障がい基礎年金の子の加算額が支給されます 。
 
支給額 児童扶養手当の1人目の額が
18,920円以上の場合
児童扶養手当の1人目の額が
18,910円以下の場合
1人目 児童扶養手当1人目
月額 18,920~41,430円
子の加算(障がい基礎年金)1人目
月額 18,916円
2人目 子の加算(障がい基礎年金)1人目
月額 18,916円
子の加算(障がい基礎年金)2人目
月額 18,916円
3人目 子の加算(障がい基礎年金)2人目
月額 18,916円
児童扶養手当1人目
月額 9,780~18,910円
4人目 子の加算(障がい基礎年金)3人目
月額 6,300円
子の加算(障がい基礎年金)3人目
月額 6,300円

手続きについて

 児童扶養手当を受給するためには、認定請求の手続きが必要です。(手続きに一般的に必要なものはこちら)まずは窓口(担当窓口はこちら)へ相談にお越しください。

重要!

 児童扶養手当は認定請求のあった翌月分から支給されます。
 そのため、該当する人は早めに相談にお越しください。
倉敷市 子ども未来部子育て支援課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3314  【FAX】 086-427-7335  【E-Mail】 wlfcld@city.kurashiki.okayama.jp