当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

石造毘沙門天立像

せきぞう びしゃもんてん りゅうぞう
石造毘沙門天立像

石造毘沙門天立像

種別: 市指定・建造物
所在地: 倉敷市真備町尾崎
所有・管理者: 地区有(石田組)
指定年月日: 平成18年7月28日

 真備町尾崎の石田山の東端頂の巨石に浮彫りされた像高1.8mの磨崖仏で、作者、製作年代は不明ですが、室町末期の作といわれています。毘沙門天は四天王の一つで、北方を守る武神として広く信仰されています。

 この磨崖仏がある山塊は、鳥ヶ岳城跡のあった石田山と峰続きで、城の見張り台だったともいわれています。山陽道を攻めてくる敵の数を確認するために道を曲げた「大曲」(約3キロ東)を見通すことができます。

 この峰は石槌山とも呼ばれており、大晦日には地元の人々が山頂に登って火を焚き、初日の出を迎える信仰が現在でも残っています。

 【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示