当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

次世代エコハウス制度に関する詳しい説明

倉敷市次世代エコハウスについて

市内における住まいの低炭素化を促進するため、本市の気候風土に合った省エネルギー・低炭素型の住宅を建築する計画に対して市が認定を行います。
認定には、「最先端の住宅環境技術」を備え、太陽エネルギーや森林資源などの「地域の環境資源」を積極的に活用していることが求められます。
認定を受けた住宅を建築する場合、補助金の交付を受けることができます。

倉敷市次世代エコハウス整備促進補助金説明資料(PDF)

倉敷市次世代エコハウス建築計画認定・補助金制度のメリット

制度の概要とメリット
● これからの倉敷市にふさわしい低炭素住宅として、地域の温暖化対策に貢献できます。
● 少ない光熱費で生活することができます。
● 「倉敷市次世代エコハウス補助金」の15万円を受け取ることができます。
● 建売事業者の方においては、販売時に認定マークを使用することができます。
    詳細はこちら
● 低炭素建築物の認定を受けると、一般住宅に比べて住宅ローン減税の拡大、
   登録免許税の引き下げがあります。
 

倉敷市次世代エコハウスの認定を受けるには?

認定の詳細な内容についてはこちらのページからご確認ください。

倉敷市次世代エコハウス建築計画認定(倉敷市建築指導課)

倉敷市次世代エコハウスの補助金の申請方法

受付期間
(事前登録)2019年4月1日(月曜日)〜2020年3月31日(火曜日)

補助金額
一戸当たり 15万円
予定件数 40件

対象者
以下のすべての要件を満たしている方
(1)次世代エコハウス認定を受けた住宅を建築又は譲受する方
(2)市税をすべて納めている方

認定・補助金申請の流れ
1.次世代エコハウスの設計
2.建築確認の受領
 低炭素建築物の認定通知書または建築物エネルギー消費性能向上計画認定通知書の受領
3.次世代エコハウス認定申請書の提出(市 建築指導課)
4.次世代エコハウス補助金事前登録申出書の提出(市 地球温暖化対策室)
(3.と4.は順不同です。)

<工事着手~>
計画の変更・中止がある場合
・取り下げ届、取りやめ届(市 建築指導課)
・計画変更届出書(市 地球温暖化対策室)

<補助金事前登録から180日以内>
5.次世代エコハウス工事完了報告書の提出(市 建築指導課)
6.次世代エコハウス補助金交付申請書の提出(市 地球温暖化対策室)
(5.と6.は順不同です)

7.補助金の受領(口座振込)


申請の流れ


(注)倉敷市次世代エコハウス認定申請書、及び補助金交付事前登録申出書は必ず
          工事着手前にご提出ください。
          工事着手後の受付はできませんので、ご注意ください。
         
また、認定申請書の提出、補助金事前登録申出書の提出はいずれが先でも
          かまいません。
         
認定申請書及び補助金事前登録申出書の提出が終わり次第工事着手できます。