コンテナを利用した建築物について

-コンテナを利用した倉庫について-

 継続的に倉庫として利用し、随時かつ任意に移動できないコンテナは、建築
基準法第2条第一号に規定される「建築物」に該当し、関係する法令の適用を
受けます。
 このため、法令に適合した基礎を設けるなど、地震その他の荷重や衝撃に対
して、建築物としての安全性を確保するための基準を満足しなければなりませ
ん。
 この建築物を設置しようとするときは、建築基準法に基づく建築確認申請が
必要となり、「確認済証」の交付を受ける必要があります。