35周年 派遣 (2008)

出発式を市役所市民ホールで実施し、専用バスにて出発

20年11月9日 (日)

  ニュージーランド航空で関空からクライストチャーチまで11時間40分のフライト

  * 時差は4時間(クライストチャーチが先行) 


クライストチャーチ国際空港へ到着

20年11月10日 (月)

  空港では、姉妹都市委員会メンバーに迎えていただきました。
     ~先住民族マオリの歓迎の儀式が行われました。~

  この後、バス2台で、クライストチャーチ市内視察に向かいました。

クライストチャーチ市の素晴しさを体感できました。


ハグレー公園に隣接するシャトー・オン・ザ・パークで姉妹都市提携35周年記念式典と歓迎夕食会が行われました。

歓迎夕食会場では,先住民族マオリの踊りハカが披露されました。

歓迎夕食会は盛大に行われました。

倉敷の踊り振興会の皆さんによる踊りが披露されました。~さくらさくら,代官ばやし等

記念植樹,交流プログラム,松本和将氏のピアノコンサートが行われました。

20年11月11日 (火)

     姉妹都市公園の倉敷コーナーで,“クスの木”と“しだれモミジ”の記念植樹が行われた。 この日も,これ以上ないほどの晴天に恵まれました。

     海岸に突き出している桟橋が印象的なニューブライトンを視察

     ガーデンシティの名で有名なクライストチャーチの中でもひときわ美しいガーデンを誇るモナベイルで,咲き誇る花々を見ながらの昼食となった。



     各プログラムで,クライストチャーチの人々と,市民交流を行いました。

大聖堂スクエアで踊りを披露された倉敷の踊り振興会の皆さん



     ヘイ・ブリッジにて,故ヘイ市長のご家族の皆様と故人を偲んで


     市内ミュージック・ホールで,倉敷市訪問団のためのピアノコンサートが開催されました。倉敷が生んだ世界的なピアニストの演奏を堪能した時間でした。

世界遺産マウントクックを訪問

20年11月12日 (木)

  この日も,現地ガイドの方が“これほど綺麗に見えるのも珍しい”と言われる程の好天に恵まれ,くっきりと青空に映えるマウントクックを見ることができた。

この後,Aコースはウイーンズタウンへ移動,Bコースはクライストチャーチへ移動。


Aコース フィヨルドランド訪問

20年11月13日(木)

Bコース アカロア訪問,大聖堂での松本和将氏ピアノ・コンサート参加

20年11月13日 (木)

クライストチャーチの南東40kmのバンクス半島にあり,フランスの香りを色濃く残すアカロアを訪問

 ~約2時間の湾内クルーズに参加し,世界一小さい“イルカ”を見ることができた。

オークランドへ移動し,市内視察

20年11月14日 (金)

オークランド市内視察

(土)オークランド発,関空へ

20年11月15日 (土)

同日,午後4時関空着 ~専用バスで倉敷市役所に午後9時到着
  伊東市長,河田副市長,末永局長をはじめとする皆様の出迎えをいただき,全員無事
  到着いたしました。