→IBDエンジョイクックの会(病態栄養教室)


IBDエンジョイクックの会(病態栄養教室)

を開催します



 消化器系難病(潰瘍性大腸炎、クローン病)患者とその家族、及び炎症性腸疾患に似た症状でお悩みの方を対象に講話及び料理教室を開催します。お気軽にご参加ください。

 お申し込みは、下記の問合せ先へ電話、FAX、また直接倉敷市保健所の窓口でも受け付けています。FAXの場合は、申込用紙をご使用ください。




   日時 : 平成29年10月29日 日曜日

        9時30分~13時30分(受付9時20分~)


   場所 : くらしき健康福祉プラザ 3階 視聴覚室、調理室


   内容 :

     講話 「IBDの食事~脂肪の種類を使い分けて、少しの工夫でおいしく食べよう~」

     講師 中国学園大学 教授 川上祐子 氏


     調理実習 「魚を使った中華料理」

     講師 青木内科小児科医院 管理栄養士 八田順子 氏


   定員 : 30名(先着順)


   締切 : 10月6日 金曜日


   持参品 : 300円(調理実習費)

         エプロン、マスク、三角巾、ふきん2~3枚、筆記用具


   申し込み・問い合わせ先 :

         市保健所健康づくり課 食育推進係  担当 脇田

         TEL 086-434-9868

         FAX 086-434-9805




リンク:IBDエンジョイクックの会チラシ表面

※ 画像をクリックすると、チラシ(申込用紙)を見ることが出来ます。




昨年度の献立


<お肉を使った洋食メニュー>


 ・手作りカレー

 ・簡単ナン

 ・季節の野菜のホットサラダ

 ・簡単パンプキンプリン

写真:昨年の献立