食品の廃棄を減らそう!


あなたは食べ物を無駄にしていませんか?




食品の破棄を少なくするように気をつけていますか?


 まだ食べることができるのに破棄される食品を「食品ロス」といいます。

日本では年間、約500~800万トンの食品が捨てられていると言われており、そのうち約半分が家庭から廃棄されています。




グラフ:家庭における食品ロス

家庭における食品ロスには以下の3つがあります。

それぞれがグラフのどこに当てはまるでしょうか?

● 食べ残し(食事を残してしまうこと)

● 過剰除去(野菜や果物の皮など、食べられる部分まで除去してしまうこと)

● 直接廃棄(消費期限・賞味期限切れにより、そのまま廃棄すること)






答え
家庭における食品ロスの内訳


グラフ:家庭における食品ロスの内訳






食品ロスを減らすために、どんなことができるでしょうか?


 食品ロスを減らすことでごみが減り、環境にやさしく節約にもつながります。

また、自分の適量を知ることで作り過ぎを防ぎ、食べ残しのごみを減らせ、さらに食べすぎを防げます。

食品ロスを減らすことは環境に良いだけではなく、健康にも良いことがあるのです。




【食品ロスを減らすための注意点】

※ 買い物 ※

※ 料理 ※

イラスト:冷蔵庫の中身を確認

冷蔵庫を整理整頓し、中身を確認してから買い物をする。

イラスト:野菜の皮を上手に利用

野菜の皮も上手に利用する。

大根、にんじん、れんこん等の皮は、きんぴらにするとおいしく食べられます。

イラスト:賞味期限を確認

消費期限・賞味期限以内に使いきれるように購入する。

イラスト:手を加えて別の料理にアレンジ

食べられる量だけ調理する。

たくさん作った時は冷凍(冷蔵)しましょう。

また、少し手を加えて別の料理にアレンジも♪

空腹でスーパーに行き、買いすぎてしまった経験はありませんか?

空腹時には行かないようにすることもポイントです!

自分の適量を考えて食事をしよう!

残さず食べるだけで、家庭から出る食品ロスの約1/3を減らすことができます。




 

  食品ロスについての資料を作成しました。ぜひご覧ください。

         → 「あなたは食べ物を無駄にしていませんか?」




  マンガで食育! 『食品ロス』のマンガはこちら。

         → 第8話「リメイク弁当で男子力UP!?」