10月号

電子ブック版

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります。

広報くらしき平成28年10月号電子ブック

平成28年10月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地
 

声の広報くらしき10月号

「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

広報くらしき平成28年10月号

広報くらしき平成28年10月号(pdf形式 。新しいウインドウで開きます。8,197KB)

1●表紙

 9月7日、倉敷市役所で。出迎えの人たちに笑顔で応える石井優希選手

2●特集1 石井優希選手と荒木絵里香選手に市長特別賞を授与

 リオデジャネイロ五輪に、バレーボール女子日本代表として、倉敷市出身の石井優希選手(久光製薬スプリングス)と荒木絵里香選手(トヨタ車体クインシーズ)が出場しました。大会では準々決勝まで勝ち進んで5位入賞を果たし、私たちに大きな夢と感動を与えてくれました。
 この功績を讃(たた)え、石井選手と荒木選手に市長特別賞を授与しました。9月7日に行われた式典では、出席した石井選手を、多くの市民やファンが歓声と拍手で出迎えました。
 石井選手は、平成27年に市スポーツ栄誉章を受章しています。荒木選手は、平成23年に市スポーツ栄誉章を受章し、24年に市民栄誉賞を受賞しています。

4●特集2 倉敷市公共施設等総合管理計画

 市は、保有する建物や上下水道・橋・道路などの老朽化が進み、それらが一斉かつ大量に更新時期を迎えることで多額の財政負担が想定される「公共施設大量一斉更新問題」に直面しています。
 人口減少・少子高齢社会の到来により、税収の減少や社会保障関係費などの支出の増加など、一層厳しい財政状況となっていくことが見込まれます。
 私たちは、未来の倉敷のため、市の公共施設を「全体としてどうしていくか」を考えなければなりません。
 今後、どれくらいの施設を保有し続けることができるのか、また施設の維持管理や更新について、どういった方針で進めていくのかを示した「倉敷市公共施設等総合管理計画」を見ながら、くらまる君・未来さんと一緒に考えましょう。

7●トピックス

 重要な市政情報をお知らせします。
 市民ふれあいトークの参加者募集 ►第6回倉敷国際トライアスロン大会 倉敷勢が大活躍!
►平成29 年度からの、認定こども園・幼稚園・保育所などへの申し込み受け付けを開始 ►「倉敷市」50周年記念市民発案事業の募集 など  

13●くらしの情報 

 保健・福祉、産業、子育て、国際理解、安全・安心、教育、環境・リサイクル、人権、スポーツ、建設、市政

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、クレジット・サラ金、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、となりまちの話題「おかやま国際音楽祭2016」、「かさおかポルダーフェスティバル2016」

34●市民活動のページ・わが家のアイドル

 市民企画提案事業、わが家のアイドル



広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ


バックナンバー

2016年

2015年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。