小児慢性特定疾病児童等自立支援事業

相談事業等について

 倉敷市では,小児慢性特定疾病児童等自立支援員を配置し,相談業務を行っております。 お気軽にご相談ください。

 相談事業

  日常生活や療養生活,学校生活,就労などお困りごとをお伺いします。
  必要なときは,各種相談窓口におつなぎします。

 交流会・講演会

  小児慢性特定疾病のお子さまと家族を対象に,交流会や相談会を開催しています。

  *平成29年度は「病気の子どものための就学勉強会」を開催します。
   第1回 平成29年5月23日(火曜日)
      講話「お子様の就学先を決めるまで」~就学相談に行ってみよう~
   第2回 平成29年8月2日(水曜日)
      講話「病気の子どもの就学に向けて」~医師の立場からのアドバイス~

    
     詳しくはこちらをご覧ください。⇒ 案内(pdf)
   (第1回・第2回とも終了しました。内容をお知りになりたい方はお尋ねください。

 

,

小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業

 日常生活に支障のある方について,日常生活用具の給付制度があります。
 同一世帯の扶養義務者の所得税額等によって,自己負担があります。
 ただし,倉敷市障がい者(児)の日常生活用具給付など,他の制度で給付を受けることができる方は対象外です。
 条件や必要書類など,詳しくはお尋ねください。

 ○小児慢性特定疾病児童日常生活用具について(pdf)