認知症カフェ

認知症カフェとは

 
 認知症になっても住み慣れた地域で、安心して生活し続けられるよう、認知機能の低下した方やご家族の方,地域の方等が気軽に集い,専門家のアドバイスももらいながら,認知症状の悪化防止や相互交流,情報交換等ができる「つどいの場」のことです。
 

                                                
       

認知症カフェの良いところ

 

認知症カフェ実施状況

 地域のいろいろなところで、認知症カフェが実施されています。
 詳しい情報は各サロンにお問い合わせください。


 認知症カフェの情報

             

         

認知症カフェ助成金について

認知症カフェを開催している団体等は,助成金の申請をすることができます。

 ○倉敷市認知症カフェ運営事業助成金交付要綱
 ○「認知症カフェ」運営事業の手引き
 ○申請書等様式


【助成条件】
 (1)開催場所が市内にあり,かつ,10人以上が活動できるスペースがあること。
 (2)毎月1回以上実施し,認知症の方及びその家族,地域住民並びに専門家が
           参加できるものであること。
 (3)おおむね市内に居住する認知症の方とその家族を対象とすること。

【助成内容】
  1団体につき,1年度当たり50,000円まで助成します。
  ※助成対象経費の合計額から利用者負担金等収入金額を控除した額の          2分の1以内の額。

 

   倉敷市役所 保健福祉局 健康福祉部 健康長寿課 地域包括ケア推進室
   〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3417  【FAX】 086-422-2016  【E-Mail】 wlfgsc@city.kurashiki.okayama.jp

   ◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。