くらしき認知症ガイドブック

くらしき認知症ガイドブック

  
 このガイドブックは、認知症になっても住み慣れた地域で、安心して生活し続けられるよう、認知機能の低下した方やご家族のために、認知症の進行に合わせた対応、利用できるサービス・支援などをわかりやすく紹介することを目的に作成しました。
 自分では分かりにくい認知症の症状を、家族を含めた近くの方に早期に相談することで、早期に適切な支援が得られ、認知症の方もその家族の方も、今よりももっと豊かな生き方ができるようになります。ぜひ、ご活用ください。
 
 ※ガイドブックをご希望の方は倉敷市健康長寿課、各保健福祉センター保健推進室、各高齢者支援センターでお渡しできます。

掲載内容

 

 1.認知症の基礎知識            
 2.相談窓口
 3.受診・治療
 4.地域のサロンなど 
 5.介護保険・総合事業のサービス
 6.その他のサービス 
 7.支えあい

 

ガイドブックのダウンロードはこちら

 下記をクリックすると、ご覧いただけます。

【ページ別】
  1.
表紙
 2.「認知症」ってどんな病気?
     「加齢によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の違い(一例)

 3.認知症の疾患として代表的なもの
 4.認知症は単なるもの忘れとは違います(認知症チェックリスト)
 5.認知症かな??と気づいたら
 6.①まずは相談しましょう!
 7.②受診・治療
 8.③地域のサロン等に参加してみましょう
 9.④介護保険・総合事業のサービスなどを利用しましょう
  10.⑤その他(介護保険以外)のサービスも利用しましょう
  11.⑥支えあい、見守っていきましょう
  12.認知症の進行に合わせて受けられる医療介護サービスや日常生活支援
  13.裏表紙


【全体版】
 
くらしき認知症ガイドブック