医療安全の取り組み

 当院では患者様が安全で安心な医療を受けられるよう医療安全管理指針を定め、取り組んでいます。
 職員一人ひとりに医療安全の意識を深める研修を行うとともに、病院全体で安全管理に関する組織体制の確立を目指しています。 具体的な取り組みとしては医療安全管理室を設置して安全な医療の確保に努め、医療事故防止、さらに患者様からの相談にも誠実に 対応しています。

医療安全管理室

医療安全管理室は患者権利の尊重に基づいた安全な医療環境を提供し、医療の質の向上を目指して院内安全管理体制の整備を行うことを目的に設置されています。

担当者

医療安全管理室長

竹井副院長

医療安全管理室看護師(専従)

菰田

院内暴力担当

明星(事務)

セーフティーマネジャー委員長

入江副院長

主な活動

  • 医療事故防止マニュアル等の整備
  • 職員に対する教育研修の企画・運営
  • 医療安全に関する情報の把握・分析・対策・評価
  • 院内の医療安全関連委員会の開催
  • 院外の医療安全機関との連携