2月号

電子ブックを起動する

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります(Flash playerが必要となります)。

2月号表紙

平成29年2月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地


声の広報くらしき2月号

「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

1●表紙

 ~郷土への愛着と誇りを込めて~ 「倉敷市」50周年 

2●特集1 「倉敷市」50周年

 昭和42年2月1日に、旧倉敷市・旧児島市・旧玉島市の3市が合併して、平成29 年2月1日で50周年を迎えることとなりました。今から50 年前の3市合併は、昭和39 年に新産業都市に指定された水島臨海工業地帯を形成する3市がひとつになって、新しい時代に向かって飛躍する幕開けとなりました。
 その後、昭和46 年の旧庄村、昭和47年の旧茶屋町、そして平成17年には旧船穂町・旧真備町と合併、また、平成14 年には中核市となり、3市合併時に約31万人であった市の人口は、現在では約48万5千人となっています。先人の方々のご尽力のもと、一体感の醸成を図るとともに各地域の個性と魅力を生かしたまちづくりによって、倉敷市は中四国の拠点都市として、発展を続けています。
 平成29 年は、50 周年を祝し、市民の皆さまからいただいたアイデアを盛り込んだ記念事業の実施を予定しています。先人の方々への敬意と感謝の気持ちを表すとともに、郷土への愛着と誇りを込めて、この記念すべき年を次の60周年、さらには100 周年へとつなげる大きな節目として、これからも「倉敷市」の未来へと歩みを進めてまいります。

6●特集2 税の申告はお早めに!

   平成28 年分(1月1日~12 月31日)の収入を対象とした市県民税の申告と所得税・復興特別所得税の確定申告の受付期間は、2月16 日㈭~3月15 日㈬です(㈯㈰除く)。還付申告は、各税務署で既に受け付けを開始しています。
 期間中は大変混み合うため、早めの申告をお願いします。なお、平成28 年分の申告から個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。

9●トピックス

 重要な市政情報をお知らせします。
 私たちの市民憲章 ►市民ふれあいトークの参加者募集 ►倉敷市で働いてみませんか など

13●くらしの情報

 環境・リサイクル、建設、子育て、人権、産業・観光、国際理解、スポーツ、教育、保健・福祉、市政

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、クレジット・サラ金、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、日常生活自立支援、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、まちの話題「第67回全国高等学校駅伝競走大会 倉敷高等学校が初優勝」、となりまちの話題【早島町との紙面交流】「早島町町制施行120周年記念 早島町健康づくり講演会 ストレス時代をこころ豊かに生きる」

34●市民企画提案事業、わが家のアイドル

 市民企画提案事業、わが家のアイドル

ダウンロードはこちらから (25.8 MB) 


広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ



バックナンバー

2016年

2015年

2014年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。