5月号

電子ブックを起動する

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります(Flash playerが必要となります)。

5月号表紙

平成29年5月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地 

声の広報くらしき5月号

「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

1●表紙

 3月25日、水島地区と玉島地区を結ぶ「倉敷みなと大橋」が開通しました。

2●特集1 倉敷みなと大橋 開通

  国内有数のコンビナートを形成する生産拠点・水島地区と、国際コンテナターミナルを有する国際物流拠点・玉島地区を結ぶ、国の水島港臨港道路「倉敷みなと大橋」が、3月25日に開通しました。 

4●特集2 民生委員制度100周年 これからも あなたと福祉をつないで

 民生委員・児童委員は、地域における相談・支援のボランティアです。市民の身近な相談役として、心配事や子育て、医療介護などの相談に応じ、解決が図れるよう、福祉事業・福祉サービスへのつなぎ役となり、さまざまな活動を行っています。
 5月12日、岡山県が発祥の地とされる民生委員制度は、100周年を迎えます。
 これからも、常に住民の立場に立ち、安心で暮らしやすい地域社会をつくるために活動する委員の姿を紹介します。

8●特集3 「倉敷市」50周年記念 将棋名人戦を倉敷で開催

 5月26日㈮・27日㈯、将棋界で最も伝統と格式のあるタイトル戦「第75期名人戦」七番勝負第5局を、倉敷市で開催します。
 故・大山康晴十五世名人の孫弟子である佐藤天彦名人に、稲葉陽八段が挑戦します。佐藤名人は29歳、稲葉八段は28歳と、名人戦では21年ぶりの20歳代対決が実現しました。将棋界の世代交代の波を感じさせる注目の戦いです。
※第4局までに勝敗が決した場合は、全てのイベントは中止となります。

9●トピックス

 重要な市政情報をお知らせします。
 市歴史文化基本構想を策定 ►「広報くらしき」電子版の種類が増えました ►2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 ホストタウン事業 ►姉妹都市との交流 など

14●くらしの情報 

 子育て、保健・福祉、環境・リサイクル、産業・観光、建設、教育、税金、国際理解、人権、安全・安心、スポーツ、市政

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、クレジット・サラ金、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、まちの話題「倉敷のジーンズを世界へ発信」、となりまちの話題「井原市池井(ちせい)地区 農業体験交流イベント 池井の恵み“いただきまーす”参加者募集!」

34●市民活動のページ・わが家のアイドル

 市民企画提案事業実施団体からのお知らせ など、わが家のアイドル

ダウンロードはこちらから (6,425KB) 

広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ



バックナンバー

2016年

2015年

2014年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。