10月号

電子ブック

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります。

広報くらしき平成29年10月号電子ブック

平成29年10月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地 

声の広報くらしき10月号

「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

広報くらしき平成29年10月号

広報くらしき平成29年10月号(pdf形式 。新しいウインドウで開きます。 8,169KB)

1●表紙

 大山名人記念館で将棋の腕を磨いた菅井竜也(すがい たつや)七段が、将棋のタイトル「王位」を獲得し、大山名人記念館で伊東香織市長や将棋教室に通う子どもたち、関係者にタイトル獲得を報告しました。中央の肖像写真は、大山康晴十五世名人

2●特集1 魅力がぐ~んとアップ 水島中央公園へ出掛けよう

 地域の皆さんをはじめ多くの人が、憩いや運動の場として利用している水島中央公園が新しくなりました。
 利用者の意見を参考にしながら、園内のバリアフリー化や防災機能の強化などを行うとともに、市内の公園で最大規模となる約1ヘクタールの芝生広場や、水玉状の水を噴き上げるポップジェット噴水、7種類の健康遊具、最長約920メートルのウオーキングコースなどを新たに整備。子どもか
ら大人まで安全・安心・快適に楽しむことのできる魅力あふれる公園になりました。

4●特集2 地域に根付いて活動中! 地域おこし協力隊

 地域おこし協力隊の隊員が、市内で活躍していることを知っていますか?6人の隊員が三大都市圏から倉敷市に住所を移し、商工分野と観光分野で倉敷市や高梁川流域圏域のために活動しています。商工分野では2人の隊員が地域経済や地域資源の活性化に向け、観光分野では4人の隊員が体験型プランの作成や外国人観光客受け入れ環境の整備などを進めるため、地域の人と協力しながら奮闘しています。隊員の皆さんに活動内容や活動への思いを語ってもらいました。

6●特集3 大山名人記念館将棋教室出身の将棋棋士 菅井竜也七段が「王位」獲得

 大山名人記念館で腕を磨いた将棋棋士・菅井竜也(すがいたつや)七段が、8月29日・30日に行われた「第58期王位戦」7番勝負第5局で、羽生善治3冠を破り、対戦成績4勝1敗で将棋の八大タイトルの一つ「王位」を獲得しました。
 タイトル戦初挑戦での快挙で、平成生まれの棋士が八大タイトルを獲得するのは初めてです。

 9月2日、菅井王位は大山名人記念館を訪れ、伊東香織市長や将棋教室に通う子どもたち、関係者にタイトル獲得を報告しました。菅井王位は、「こんなに大勢の人が集まってくれて、びっくりしている。皆さんの応援があっての結果です。これからも菅井流の将棋を指していきたい」とあいさつし、伊東市長は、「第1期の王位は大山康晴十五世名人が獲得された。その王位となって凱旋(がいせん)してくださり、大山名人も喜んでいらっしゃると思います。これからも市の将棋の普及に力を貸してください」とお祝いの言葉を述べました。また、大山名人記念館の北村實館長は、「将棋の力だけでなく、人間としての成熟がないと勝てない勝負がある。人間の完成を目指して、一層精進してほしい」とエールを送りました。

7●トピックス

 重要な市政情報をお知らせします。

 地域を紡ぐ~くらしきコットンプロジェクト ►市民ふれあいトークの参加者募集 ►平成30年度からの、認定こども園・幼稚園・保育所などへの利用申し込みの受け付けを開始 ►職務経験者を対象とした市職員を募集 など  

13●くらしの情報 

 保健・福祉、建設、子育て、人権、教育、スポーツ、国際理解、環境・リサイクル、税金、安全・安心、市政

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、クレジット・サラ金、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、となりまちの話題「A級の誇り 新見A級グルメフェア2017、新見 土下座まつり」、「おかやま国際音楽祭2017」

34●市民活動のページ・わが家のアイドル

 市民企画提案事業、わが家のアイドル

広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ


バックナンバー

2016年

2015年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。