12月号

電子ブック

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります。

平成29年12月号表紙
平成29年12月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地 

声の広報くらしき12月号

「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

広報くらしき平成29年12月号

広報くらしき平成29年12月号(pdf形式 。新しいウインドウで開きます。 5,674KB)

1●表紙

 マービーふれあいセンターで開催されている、こども囲碁教室「横田教室」で。横田茂昭九段と生徒たち

2●特集1 瀬戸大橋開通30周年記念 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ

  ツーデーマーチは、自然に親しみながら、体力づくり、健康づくり、そして心と心の触れ合いを図る歩く祭典!
 今回は、来年4月10日に瀬戸大橋開通30周年を迎えることを記念し、瀬戸大橋・鷲羽山コースを30kmに設定しました。鷲羽山から瀬戸大橋を望む絶景を楽しむことができます。吉備真備周回コースは40kmと前回の吉備真備コースより距離が長くなり、見どころが増えています。真備地区の町並みの他、新たに訪れる場所にも注目です。
 ツーデーマーチは競技ではないので、仲間と会話したり、自分の好きな景色を撮影したりしながら、自分のペースで歩くことができます。初めての人も大歓迎!家族や仲間と春の倉敷を満喫しませんか?

4●特集2 第10 回記念 全日本ユース(U15)水球競技選手権大会 桃太郎カップ

 水球日本代表「ポセイドンジャパン」の将来を担う、15歳以下の選手による水球競技の全国大会「桃太郎カップ」を今年も開催します。水中の格闘技といわれる水球の迫力と魅力を、ぜひ会場で感じてください。観戦無料

5●特集3 真備(まきび)の碁(ご) ~ 囲碁のまち真備(まび)~

 真備地区ゆかりの、奈良時代の偉人・吉備真備(きびのまきび)。吉備真備が遣唐使として中国から持ち帰ったものの中に、囲碁があったと伝えられています。
 江戸幕府が家禄を与えた囲碁の家元四家の一つ、大阪の「井上家」は、吉備真備を「囲碁の元祖」として敬い、襲名のたびに吉備寺(きびじ)(真備町箭田)に参り報告しました。吉備寺には、有名な棋士である十一世井上因碩(いんせき)が奉納した、井上家ゆかりの碁盤が残されています。真備地区は、吉備真備ゆかりの地であると同時に、囲碁のまちでもあるのです。
 市では、「囲碁の元祖」吉備真備にちなみ、日本一の小学生棋士を決める全国大会「くらしき吉備真備杯こども棋聖戦」を開催し、市の囲碁文化を全国に向け発信しています。また、市民参加の大会である「吉備真備杯くらしき囲碁大会」を同時開催し、市内の囲碁文化の振興も図っています。

6●特集4 平成28 年度決算報告

 一般会計では、収入が1千857億2千600万円(前年度比1・9%減)、支出が1千799 億8千100万円(前年度比1・0%減)で、平成29年度への繰越財源を差し引いた実質収支は49億2千300万円の黒字となっています。
 黒字の要因は、市税や地方交付税などで予算額を上回る収入があったことや、支出において学校建設費などで不用額が生じたことによるものです。

8●トピックス 

 重要な市政情報をお知らせします。

 芸文館の休館 ►国道2号(高梁川大橋周辺)の4車線化工事を進めています ►「倉敷市」50 周年記念コンクール作品展を開催 ►年末年始の業務 ►マイナンバーカードを利用した住民票の写しなどのコンビニ交付が始まります など 

13●くらしの情報 

 保健・福祉、子育て、建設、文化・産業・観光、教育、人権、安全・安心、環境・リサイクル、国際理解、スポーツ、市政 

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、行政書士による相談、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、日常生活自立支援、生活自立、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、まちの話題「平成29年度 倉敷市文化章 星野仙一さんに贈呈」・「菅井竜也王位に倉敷市将棋文化栄誉章」

34●市民活動のページ・わが家のアイドル

 市民企画提案事業、わが家のアイドル

広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ


バックナンバー

2017年

2016年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。