水島港まつり企画検討会

検討会概要

 水島港まつりに新しい要素を加えること、若者の地域への愛着を高めることを目的に、水島港まつり運営委員会と倉敷市くらしき情報発信課が共同して、市立短期大学と県立倉敷中央高等学校の協力を得て、水島港まつりの企画検討会を実施します。
 平成28年12月~平成29年1月の期間の合計4回の検討会で学生らが水島港まつりの歴史や現状について学び、自分たちがやってみたいイベントや企画を話し合い、検討した案の発表を行います。検討案が採用された場合、学生らが実施主体として祭りに参加してもらうことも想定しています。

日時・会場(予定)

  • 第1回 平成28年12月10日(土曜日)9時15分~15時 水島支所5階大会議室
  • 第2回 平成28年12月26日(月曜日)10時~15時 倉敷物語館多目的ホール
  • 第3回 平成29年 1月15日(日曜日)9時30分~15時30分 倉敷中央高等学校
  • 第4回 平成29年 1月28日(土曜日)9時30分~15時30分 倉敷中央高等学校
  • ※第5回目として地元関係者に成果発表会を予定。日程は調整中。

検討会参加者

 水島港まつり運営委員会事務局、市立短期大学学生、県立倉敷中央高等学校生徒(授業外の取り組みであるため、学生と生徒は希望者が参加しています)

第2回目の様子

日時 平成28年12月26日(月曜日)10時~15時
会場 倉敷物語館多目的ホール

前回の復習

 会場は倉敷物語館。水島港まつりに関係する地域の方々も参加してくださいました。最初に前回の検討会で学んだことを復習し、自分たちが何を目指すべきなのかをもう一度再確認しました。
写真:くらしき物語館外観 写真:多目的ホール外観
写真:前回の復習の様子 写真:水島港まつりの関係者ら

考えてきたイベント案を5W1Hで整理する

 各々が水島港まつりのイベント案をいつ、どこで、だれが、なにを、どのように、なぜという形で説明できるように整理し、グループ内で発表・共有しました。
写真:水島港まつりの地図を広げ検討中の様子 写真:5W1Hのシートを広げ検討中
写真:高校生チームに講師が入りアドバイス 写真:検討が進む短大生チーム

整理したイベント案を組み合わせて一日の企画案を考える

 グループ単位で整理したイベント案を組み合わせて、一日の企画となるように組み立てました。高校生だけのグループだとどう進めていいか困る様子も伺えたので、後半には短大生に加わってもらいました。短大生がけん引役をすることで、高校生たちも活発に意見を交わしあえるようになりました。最後にまとめた企画案を発表しました。
 次回は、企画案をブラッシュアップしながら、費用面を考えたり、発表用資料にまとめていきます。学校側のご厚意により、パソコンが使える倉敷中央高等学校での開催と会場が変更になりました。
写真:検討方法を説明する画面 写真:短大生が入り活気づく様子
写真:短大生が引っ張ることで高校生も考えが進みました 写真:まとまった意見を発表している様子

第1回の様子

日時 平成28年12月10日(土曜日)9時15分~15時
会場 水島支所5階大会議室

全体説明・自己紹介・取り組み概要説明

 あいさつやお互いの自己紹介の後、事務局から取り組み全体や進め方、水島の歴史などについて説明が行われました。

事務局からの説明の様子

まつりのイメージやあったらいいなと思うまつりを考える

 まつりのイメージやあったらいいなと思うまつりのイメージをあげて発表し共有を行いました。
 事務局からは一般的なまつりの類型や水島港まつりの概要について説明があり、これから取り組み内容について理解を深めました。
まつりのイメージを検討している様子 祭りの様子を検討している様子その2 考えたまつりのイメージを発表している様子 写真:検討している様子を取材を受けました

水島港まつりが行われる場所の現地見学

水島港まつりが行われる場所を見学して回り、自分たちが取り組みを検討していく場所の確認を行いました。

写真:まつりの会場である公園を見ている様子 写真:まつりの会場である商店街を見ている様子

具体的なイベント案を考える

 あったらいいなと思うまつりなどを参考にしながら、自分たちが行きたい、人が沢山集まってくれるようなイベントについて各自で考えて発表を行いました。
 次回までに、各自考えたイベントを見直し煮詰めてくること、さらに1件以上イベントを考えてくることが宿題として出されました。
写真:イベントを検討している様子 写真:話し合いながらイベントを検討している様子 写真:考えたイベント内容を発表している様子 写真:参加した地域の方からのコメントをもらう様子