在外選挙制度

在外選挙制度

 「在外選挙制度」とは、外国に住んでいても日本の国政選挙の投票ができる制度です。
 在外投票をするためには、居住地を管轄する在外公館(大使館や総領事館)で在外選挙人名簿への登録申請を行う必要があります。
アイキャッチ 在外投票について

 倉敷市の在外選挙人名簿に登録され、「在外選挙人証」をお持ちの方は、次の3つの投票方法により投票することができます。なお、最高裁判所裁判官国民審査の投票はできません。

1.在外公館投票

 在外公館投票は、投票記載場所を設置している在外公館(大使館や総領事館)に出向いて、「在外選挙人証」と「旅券」等の身分証明書を提示して投票する方法です。投票できる期間・時間などは在外公館によって異なりますので、各在外公館にお問い合わせください。

2.郵便等投票

 郵便等投票は、 倉敷市選挙管理委員会に対して、投票用紙等の交付請求を行い、届いた投票用紙に記入の上、選挙管理委員会へ郵送する方法です。

(1)投票用紙等の請求
 倉敷市選挙管理委員会に「在外選挙人証」と「投票用紙等請求書」(PDFファイル)を送付して投票用紙等の請求を行います。

(2)投票用紙等の交付
 投票用紙等の請求を受けた選挙管理委員会は、投票用紙等を直接郵送して交付します。在外選挙人名簿への登録申請の際に記載された住所(登録時に希望された場合には在留届の緊急連絡先)へお送りしますので、住所に変更がある場合は、必ず記載事項変更の手続を行ってください。

(3)投票用紙等の送付
 投票用紙等の交付を受けた後、選挙の公示日の翌日以降に投票用紙に記入の上、倉敷市選挙管理委員会へ送付してください。

※投票用紙等の請求は、郵送日数を考慮して早めに行ってください。

3.日本国内における投票

 選挙時に一時帰国した場合や、帰国後、国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、「在外選挙人証」を提示して、国内の投票方法を利用して投票することができます。なお、「在外選挙認証」に記載された選挙区によって投票できる場所が異なりますので、ご注意ください。

当日投票

・投票日時:10月22日(日曜日) 午前7時~午後8時
・投票場所

 衆議院小選挙区が岡山県第4区の人
 →倉敷西小学校 〔倉敷市中央1丁目21-1〕
 衆議院小選挙区が岡山県第5区の人
 →真備公民館 〔倉敷市真備町箭田1685〕
 
 ※他の投票所では投票できません。必ず「在外選挙人証」をお持ちください。

期日前投票

・投票のできる期間

 10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日)

 午前8時30分~午後8時

・投票場所

 衆議院小選挙区が岡山県第4区の人
 →倉敷市役所本庁舎1階展示ホール 〔倉敷市西中新田640〕
 衆議院小選挙区が岡山県第5区の人
 →真備支所保健福祉会館1階会議室 〔倉敷市真備町箭田1141-1〕

  (真備支所敷地内)
 
 ※他の期日前投票所では投票できません。必ず「在外選挙人証」をお持ちください。

滞在地(国内)での不在者投票

倉敷市外に滞在(居住)されている場合にご利用ください。

・投票のできる期間:10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日)
・投票場所:最寄りの市区町村の選挙管理委員会
  
 ※事前に倉敷市選挙管理委員会に投票用紙等を請求していただく必要があります。
「不在者投票宣誓書兼請求書」(PDFファイル)をご記入の上、「在外選挙人証」とあわせて当委員会へ郵送してください。