当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

豪雨被災者に対する税制上の措置について(税務署からのお知らせ)

豪雨被災者に対する税制上の措置について(税務署からのお知らせ)

広島国税局・税務署からのお知らせです。

この度の平成30年7月豪雨により、被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
災害により被害を受けられた方には、税制上の措置(手続)等がありますのでご確認ください。

《参考》

1 広島国税局・税務署発行「平成30年7月豪雨により被害を受けられた方へ」(PDF 164KB)

2 平成30年7月豪雨により被害を受けられた方の税務上の措置(手続)FAQ(国税庁ホームページへ外部リンク)

3 国税庁ホームページの災害情報(国税庁ホームページへ外部リンク)

「平成30年7月豪雨」に係る国税の申告・納付等の倉敷市真備町における期限延長措置の終了について

 平成30年7月豪雨に伴い、国税に関する申告・納付等の期限を平成30年7月19日付国税庁告示により延長する措置を講じていました。

 今般、倉敷市真備町に国税の納税地を有する者に係る延長期限の期日を平成30年12月25日とすることが、平成30年10月26日付国税庁告示により示されたので,お知らせします。

<参考>

1 広島国税局発行「「平成30年7月豪雨」に係る国税の申告・納付等の岡山県倉敷市真備町における期限延長措置の終了について」(2018年10月26日更新 PDF 24KB)

2 広島国税局・税務署発行「倉敷市真備町の納税者の皆様へ」(2018年10月26日更新 PDF 653KB)