当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

障害福祉サービス等情報公表システムについて

 情報公表制度は利用者による個々のニーズに応じた良質なサービスの選択に資すること等を目的として、平成30年4月施行の改正障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法律において(1)事業者に対して障害福祉サービスの内容等を都道府県知事等へ報告することを求めるとともに、(2)都道府県知事等が報告された内容を公表する仕組みが創設されました。

以下の通知を御参照の上、7月31日(火曜日)までに情報公表システムを通じて報告を行ってください。


1.情報公表制度の概要

(1)障害福祉サービス等情報公表制度の施行について(PDF:580KB)平成29年12月

   11日第88回厚生労働省社会保障審議会障碍者部会資料3)

(2)障害福祉サービス等情報公表制度の施行について(障障発0 4 2 3 第1号)

2.倉敷市障害福祉サービス等情報公表実施要領

  倉敷市障害福祉サービス等情報公表実施要領

  別紙

3.障害福祉サービス等情報公表システム関係連絡版(事業者向け)

 情報公表システムへのログイン画面のほか、操作説明書や記入要領等が掲載されていますのでご参照ください。

 ・ 障害福祉サービス等情報公表システム関係連絡板(外部サイト)

   ・事業所向けマニュアル

 ・ログインについて

   ・ログイン後の事業所情報を入力するまでの流れについて

   ・障害福祉サービス等情報公表制度に係るQ&A(平成30年7月26日現在)

   ・記入要領について(一括ダウンロード版)

 ・参考 記入事項雛形

   ・障害福祉サービス等情報公表システムの報告事項の入力等について(平成30年7月27日)    (外部サイト)