当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

4月号

電子ブック版

下の画像をクリックすると、電子ブックが立ち上がります。

広報くらしき平成31年4月号電子ブック

平成31年4月1日発行
企画・編集 倉敷市くらしき情報発信課
倉敷市西中新田640番地



声の広報くらしき平成31年4月号


「倉敷音訳の会」が視覚障がい者用に広報くらしきを音訳しています。

広報くらしき平成31年4月号

広報くらしき平成31年4月号(pdf形式 。新しいウインドウで開きます。6,931KB)

1●表紙

 真備地区の特産品・タケノコの出荷が始まった2月下旬、JA岡山西マキビ選果場には、真備筍(たけのこ)生産組合の皆さんが朝収穫したタケノコが、次々と運び込まれました。

2●まび復興通信

 4月1日㈪から真備支所1階での業務を再開 ▶真備保健福祉会館1階に、情報コーナー・談話スペースを設置します
市真備支え合いセンターなどが移転 ▶公費解体の申請期間を6月28日㈮まで延長します・4月から受付場所を変更 ▶復興商店街を整備しました ▶背谷川・内山谷川の治水対策が終了 大武谷川は継続中 ▶国が小田川など高梁川水系の大規模氾濫時の減災対策を推進中

3●特集 平成31年度当初予算 復興元年 安心ときずなを育むまちづくり予算

 平成31年度当初予算は、平成30年7月豪雨からの復興に向けた歩みを進めるとともに、将来を見据えたまちづくりを行う「復興元年安心ときずなを育むまちづくり予算」と位置付け、積極的な予算編成を行いました。市として重点的に取り組む事業として、災害からの復旧・復興に向けた事業をはじめとして、第六次総合計画に掲げた施策のうち重点分野に属する事業、市長公約関連事業、都市・生活基盤等整備事業や、地方創生への取り組みとして「倉敷みらい創生戦略」と「高梁川流域圏成長戦略ビジョン」に掲げた事業に財源の重点的な配分を行いました。
※表やグラフ、本文中の金額などは概数であり、表示単位の端数処理の関係で合計などが一致しない場合があります。

8●今月のトピックス

 重要な市政情報をお知らせします。
 公益財団法人倉敷市スポーツ振興協会を設立 ▶保健・福祉のボランティア活動に助成 ▶4月1日の組織改正 ▶4月1日から下水道業務の窓口が変わります など

13●くらしの情報 

 保健・福祉、子育て、環境・リサイクル、国際理解、人権、文化・産業・観光、安全・安心、教育、建設、スポーツ、市政

21●施設の催し

 図書館、児童館、市立美術館、自然史博物館、ライフパーク倉敷

24●相談のページ 

 市政・市民、消費生活、交通事故、一般法律、クレジット・サラ金、少額法律、行政、登記、不動産、住宅建築、年金・労務、原爆被爆者、人権、保健福祉、介護保険、なやみ、結婚、子育て支援、教育、青少年、母子(父子)、家庭児童、子どもの発達、高齢者、障がい者、仕事、肝炎、エイズ・性感染症、栄養、心の健康 など

26●保健のページ  

 お知らせ、子育て教室・健康診査、休日・夜間当番医

30●ほっと情報 

 イベント、地域情報掲示板、まちの話題「くらしき藤物語~ハートランド倉敷」

34●市民活動のページ・わが家のアイドル

 地域の活動を応援します!、わが家のアイドル





広報くらしき電子版のご案内

 広報くらしきをより気軽に広くご覧いただけるよう、ホームページでのPDFファイル掲載に加え、スマートフォンやタブレット用アプリやテキスト(文字)データによるホームページ掲載を行っています。利用は無料です(ただし、情報の送受信等にかかる通信料は利用者負担になります。)

広報くらしき電子版のご案内ページ


バックナンバー

2018年

2017年

※古いものにつきましては、市内の図書館で閲覧することができます。
 ご不明な場合などくらしき情報発信課(086-426-3061)までお問い合わせください。