営業許可

 倉敷市内でレストランやラーメン店、スナックなどの飲食店営業、肉や魚、乳類などの販売業等、法令で定められた34業種の営業を新たにはじめる際には営業許可が必要です。保健所で許可申請手続きをしてください。

営業許可の手続き

1 事前相談
 お店を開く場所、営業の形態、取り扱う食品、大まかな施設内の配置などが決まったら、工事着工前に設計図などを持参の上、窓口で相談をお願いします。

2 営業許可申請
 開業予定の少なくとも10日から1週間前までに営業許可の申請をして下さい。その際に施設検査日の打ち合わせを行います。なお、必要な提出書類は次のとおりです。
営業許可申請書
 
pdf(様式) pdf(記入例)
保健所窓口、あるいはホームページで配布しています。
なお、申請者が法人名義の場合は代表者印が必要です。個人名義の場合は認印でも構いません。
食品衛生監視票
 
記入例
(記入例)
保健所窓口で配布しています。
申請時に窓口で記入することもできます。
施設の図面 様式は問いません。設計図のコピー、あるいは手書きのものでも結構です。食品衛生監視票に記入することもできます。
店舗周辺の地図 様式は問いません。手書きのものでも結構です。食品衛生監視票に記入することもできます。
食品衛生責任者の
 資格を証明するもの
プレート、手帳などがあります。
なお、調理師、製菓衛生師、栄養士等の免許をお持ちの方、あるいは指定の講習会を受講された方は食品衛生責任者になることができます(詳しくは
食品衛生責任者のページをご覧ください)。
申請手数料 営業の種類によって異なります(詳しくは申請手数料のページをご覧ください)。
水質検査証明書 調理用に水道水以外の水(井戸水など)を使用する場合に必要です。

3 施設検査
 施設完成後、食品衛生監視員の検査を受け、施設基準などに適合していれば許可が下ります。

4 営業許可書の交付
 営業許可書は後日、交付します。

各種届出

 既に受けている営業許可について、次のような事例が生じた場合、各種届けを提出して下さい。

必要書類

営業を休止・廃業・再開する

休業・廃業・再開届出書
 様式(様式)
廃業の場合は許可書

営業者の氏名・住所が変わった

営業許可申請事項変更届出書
 様式(様式)

営業所の屋号が変わった
設備を変更した(小規模な変更に限る)
食品衛生責任者が変わった

食品衛生責任者設置(変更)届出書
 様式(様式)

食品衛生管理者が変わった

食品衛生管理者設置(変更)届出書
 様式(様式)

営業者が亡くなったので相続した

許可営業者承継届出書(相続用)
 様式(様式)
許可営業者相続同意書
戸籍謄本等(詳細はお問い合わせください)

営業していた法人が合併した

許可営業者承継届出書(合併用)
 様式(様式)
合併後に存続・設立する法人の登記事項証明書

営業していた法人が分割した

許可営業者承継届出書(分割用)
 様式(様式)
営業を承継した法人の登記事項証明書