犬の飼い方

 倉敷市保健所には、迷子犬の他にも、飼えなくなって連れてこられる犬や、捨て犬が保護されます。そこで、一頭でも不幸な犬を減らすために、犬を飼っている方に「守ってほしい5つのこと」があります。

守ってほしいこと

1.捨てない 

  100万円以下の罰金が科されます。

  また、捨てても拾われて飼われる可能性は低いものです。

  その犬が一生を終えるまで、きちんと世話をしましょう。

2.迷子にしない

  犬はつないだり、囲ったりするなどして、放してはいけません。

  逃がさないように、首輪やリードの点検を日頃からしておきましょう。

  万が一いなくなったら、すみやかに保健所へ連絡を入れてください。


3.鑑札・済票や名札をつける

  保健所で保護しても、多くの犬は連絡先が分からないため、連絡が取れません。

  登録し、鑑札等を身につけていれば、すぐに連絡することができます。

 病院でマイクロチップを埋めてもらうことも有効です。


4.避妊・去勢手術を受けさせる

  生まれた子犬を飼うことができないのならば、避妊・去勢手術を受けさせましょう。

 手術によって病気や、ケガを防ぐことができます。kuraken


5.近所に迷惑をかけない

  鳴き声や臭いでご近所に迷惑をかけていませんか?

 犬の幸せのためにも、迷惑をかけないように、世話やしつけをしましょう。