旧野崎家住宅

のざきけ きゅうたく ・ きゅうのざきけじゅうたく

  
   
  

種別: 県指定・史跡
国指定・建造物
所在地: 倉敷市児島味野
所有・管理者: (財)竜王会館
指定年月日: 昭和52年4月8日(県)
平成18年12月19日(国)

 江戸時代後半,児島半島の南側を中心に広大な塩田開発を行い,「塩田王」となった野崎武左衛門(1789~1864)の居宅で,低い丘陵を背景に長屋門,御成門の門建築が配され,その奥に南北に連なる広大な敷地が画されています。

 中央に表書院,主屋を置き,その北側には内蔵,大蔵,書類蔵,道具蔵,岡蔵,夜具蔵が建ち並んでいます。

 桁行約26mの堂々とした構えの長屋門を入ると, 踏石を伝って主屋・表書院へ導かれます。表書院は南東面に縁座敷が巡らされ, 淡雅なゆったりとした内部空間を形成しており,その前面には3棟の茶室のほか, 奇石・巨石を組み,松やツツジ,苔を巧みに配した美しい枯山水の庭園が広がっています。

 武左衛門の精神が反映された建築群は旧状がよく保存されており,庭園や塩業資料の展示などを含めて広く一般に公開されています。

 

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(国指定) を表示