当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

旧野崎浜灯明台

きゅう のざきはま とうみょうだい
旧野崎浜灯明台

 

種別: 市指定・建造物
所在地: 倉敷市児島味野
所有・管理者: (財)竜王会館
指定年月日: 昭和49年10月19日

 この建築は日本式木造灯明台で,味野浜と赤崎浜境の入江の埠頭にあり,文久3年(1863)に塩釜明神の御神燈として,また,浜へ出入りする船の夜間照明のための灯台として建てられました。

 この地は野崎武左衛門が創始した塩田地帯の東端に当たり,かつては野崎浜と呼ばれ,塩の積出しをする船着場になっていました。

 灯明台は桁行1間,梁間1間で,宝形造,本瓦葺の屋根には露盤の上に宝珠が据えられています。高さは約9.7mで,灯室の周囲には欄干を巡らし,その下から四面に裾開きに焼板を張り,基礎部分には花崗岩の切石を用いています。

 こうした木造高灯籠形式のものは全国的にも少なく,西洋式灯台に変わる以前の灯台を知ることができる資料として,貴重な遺構となっています。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示