当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

船元貝塚

ふなもと かいづか
船元貝塚

写真:船元貝塚

種別: 市指定・史跡
所在地: 倉敷市粒江
所有・管理者: (個人)
指定年月日: 昭和40年3月25日

 倉敷市街地から南方へ約5km,種松山から北へ低く延びた丘陵の先端, 船元の集落内に位置している,縄文時代中期を中心とする貝塚で,何度かの調査が行われています。

 大正時代の調査では, 土器や貝のほかに10数体の人骨も出土したと伝えられています。

 ここから出土した土器は, 中国地方の縄文時代中期の土器のひとつの典型をあらわすものでした。この型式の土器は近畿地方から北九州にわたる広い範囲でみつかっており, この遺跡からとった「船元式」という名前がつけられています。 

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示