当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

羽島貝塚

はしま かいづか
羽島貝塚

写真:羽島貝塚

種別: 市指定・史跡
所在地: 倉敷市羽島
所有・管理者: 倉敷市・(個人)
指定年月日: 昭和40年3月25日

 倉敷市街地の,南東の山裾に位置する縄文時代の貝塚です。

 ここに人々が暮らしはじめ,貝塚の形成がはじまったのは縄文時代の前期です。その後も人々は縄文時代中期・後期にかけてこの地に住み,貝塚も引き続き成長していきました。当時瀬戸内の海は,内陸深くまで入りこんでいました。

 遺跡は入江をのぞむ砂浜に立地していたと考えられています。大正時代以降,数回の調査が行われ,土器片,石で作った矢じりなどがみつかっています。

 現在,遺跡は児童公園の地下に埋っています。今でも地面を注意深く観察すると,カキ・ハマグリなどの貝殻をみつけることができます。

 【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示