当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

恵池及び恵池碑

めぐみいけ および めぐみいけ ひ
恵池および恵池碑

写真:恵池 写真:恵池碑

種別: 市指定・史跡
所在地: 倉敷市玉島黒崎
所有・管理者: 倉敷市
指定年月日: 昭和45年3月20日

 玉島黒崎の沙美海岸の近くに三角形の人工池があります。天明6年(1786)鴨方の朱子学者西山拙斎がここを訪れた折,沙美の人々の純朴さにうたれ,『沙美の浦歌』という詩をつくりました。

 この詩を読み感動した倉敷代官菅谷長昌は,寛政元年(1789)に現地を訪れ,拙斎の歌ったとおりの人情風情に触れました。菅谷長昌が先の詩を添えてこの見聞を幕府に報告したところ,幕府から白銀20枚が沙美の人々に下賜されました。

 沙美の人々はこの栄誉を後世に伝えようと,皆で農業用水を蓄えるための溜池を造り,恵池と名付けました。そして,池の北端には拙斎がこの経緯を記した文をつくり,曽我部道怡が筆を取った碑が建てられたのです。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示