当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

梅雲寺古墳

ばいうんじ こふん
梅雲寺古墳

写真:梅雲寺古墳

種別: 市指定・史跡
所在地: 倉敷市連島町連島
所有・管理者: 梅雲寺
指定年月日: 昭和47年9月29日

 連島町連島字茂浦の山麓,梅雲寺境内近くの斜面に存在する古墳時代後期の古墳です。南向きに開口した横穴式石室が遺されています。

 古墳が築造された時代には山麓まで海が迫っていました。海を見下ろす位置に築造されたのでしょう。

 やがて海が埋め立てられ村が大きくなり,寺が建てられるにしたがって,古墳は削られ,その形はゆがめられてしまいました。石室の羨道も古くに失われています。

 棺を納めている玄室の規模は長さ6.23m,幅1.35mで,高さは現状で約1.7mです。東側の石材は寺の地圧により西側へ傾いています。崩壊しないように,現在石室内に山土を充填して石材を支えています。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示