バイオディーゼル

倉敷市 廃食用油リサイクルプラント

ダイキアクシス製D・OIL100A型(100L/日精製)

本体寸法:長さ1600mm×幅1100mm×高さ1520mm

重量:約300kg(本体)

製造能力:100L/バッチ

処理時間:7時間/バッチ

付帯設備:原料タンク 製品タンク グリセリンタンク

操作方法:自動操作

総工費 :8,430千円

補助金 :平成16年度岡山県地域生活排水対策支援事業補助金(3,896千円)

【概要】

市内の家庭から排出された廃食用油から、軽油の代替燃料であるバイオディーゼル燃料(略称:BDF)を精製し、市のディーゼル燃料公用車に使用しています。

※平成18年3月現在 月間精製量 約1000L/月

【目的】

  *ごみの減量及びリサイクルの促進

  *河川、湖、海域の水質汚濁防止

   (てんぷら油を流さず、回収し、有効利用する)

  *排気ガスのクリーン化*化石燃料代替エネルギーの活用


左:原料の廃食用油
右:製品のバイオディーゼル燃料

(地球温暖化防止協定のCO2(二酸化炭素)カウントゼロ)

*市経費(燃料費)の削減

バイオディーゼル燃料ができるまで

廃食用油の回収からBDFの給油まで

バイオディーゼルカートの体験試乗もできます。

バイオディーゼル燃料と軽油の排気ガス比較
性状項目 BDF燃料 軽油
黒煙濃度(%)
CO2炭酸ガス(%)
SOx硫黄酸化物(ppm)
NOx窒素酸化物(ppm)
3.2
<0.2
125
18
3.6
22
135
(ダイキアクシス調べ)
バイオディーゼル燃料は、地球温暖化防止に貢献します。
このプロジェクトでは、バイオディーゼル燃料は農耕機の燃料として使用されています。


TOPへ
     概要へ     バイオディーゼルカートへ


Copyright(C)2005- Kurashiki kurukurucenter.All Rights Reserved.
倉敷市環境リサイクル局リサイクル推進部一般廃棄物対策課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3375  【FAX】 086-421-0144  【E-Mail】 gwst@city.kurashiki.okayama.jp