玉島をつなぐ橋

ドラム缶橋


 昭和55年に南北を結ぶ浮橋が設置され、その後昭和61年に改修され現在の形に至っています。

みなと橋(平成24年に撤去されました)

このみなと橋(みなと水門)は、映画「ALWAYS 3丁目の夕日」の1シーンで登場するなど、レトロな玉島を代表するスポットでしたが、平成24年、道路の改良工事に伴い、多くの方に惜しまれつつお別れとなりました。

新港橋

大正橋

現在の大正橋
(昭和49年架橋) 
136m コンクリート橋
昭和39年頃の大正橋
大正5年頃の初代・大正橋。
遠くには連島の山なみが見える。




新橋

 
   玉島図書館付近に架かっています。石造りの水門と橋との調和が見どころです。

玉島大橋(水玉ブリッジライン)



霞橋 (国道429号)

 新霞橋
 

【新霞橋(3代目)】
昭和43年(1968年)片側二車線・中央分離帯を備えた「新霞橋」が完成しました。(総工費1億1000万円)

 霞橋

【2代目霞橋】
昭和元年に着工し、全長616m、総工費49万円をかけ、昭和3年(1928年)に完成しました。
当時は中国地方随一の大橋として完成したアーチ型鉄橋は、人々の注目を集めました。
しかし、水島臨海工業地帯の発展に伴い慢性的な渋滞が生じるようになり、昭和43年に新たな霞橋が建造され、現在は、歩行者・二輪車専用橋として、現役で活躍しています。

 霞橋  【昭和元年の写真】
手前は、現在、二輪車歩行者専用橋となっている「霞橋」の建設工事の風景。
奥に見えるのが、初代霞橋。 

【初代霞橋】
明治8年(1875年)、上成のお金持ちが私財を投じ、西岸の上成と東岸の西之浦を結ぶ木製の大橋(長さ291m、幅2m)を架けたのが霞橋の始まりでした。
初代霞橋は、造りが簡単な上、木造であったため、大水が出ると修繕を要したり、流されてしまうこともあったようです。
大正3年に岡山県が600円で買い上げ、所有が県に移りました。


玉島ハーバーブリッジ