国民年金<加入>

   お知らせ     加入・脱退     免除     給付 

■国民年金の加入

国民年金に加入する人は
 ・第1号被保険者
  日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の農業・漁業・自営業・学生・フリーターなどの人

 ・第3号被保険者
  第2号被保険者(厚生年金・共済組合加入者)の被扶養配偶者で、20歳以上60歳未満の人

こんなときには届出を

 国民年金には、20歳から40年間という長い期間加入することになります。その間には就職・結婚・退職などいろいろなことがあり、その節目節目には届出が必要です。もし届出をしていないと、将来年金を受けられない場合や減額される場合があります。
 次のようなときは、届出が必要となります。手続きの際は必ず届出先を確認してください。

こんなとき どうする 届出先
会社などをやめたとき 国民年金に加入の手続きを
(被扶養配偶者も同様)
市役所
結婚や退職で配偶者の扶養になったとき 第3被保険者への種別変更の手続きを 配偶者の勤務先
1日でも配偶者の扶養からはずれたとき
(離婚・収入増・雇用保険受給開始等の理由)
第3号被保険者から第1号被保険者へ種別変更の手続きを 市役所
配偶者が会社を変わったとき 引き続き第3号被保険者となる手続きを 配偶者の新しい勤務先
任意加入するとき
(資格期間不足・年金額を満額に近づける)
60歳から65歳の間に任意加入の手続きを 市役所
第1号被保険者が海外で生活する場合
(国内に住民票を残さない)
引き続き国民年金へ加入する場合は任意加入への切替、加入しない場合は喪失の手続きを 市役所


国民年金の保険料は

保険料の納付は、第1号被保険者と任意加入者が対象です。
     
 平成29年度の1ヵ月の定額保険料は、16,490円です。
            (年齢・所得・性別に関係なく一律です。)
    
 なお、希望される方は、定額保険料に月額400円上乗せして納付する付加年金制度に加入することもできます。将来老齢基礎年金を受け取るときに「200円 × 付加年金を納めた月数」の金額が加算されます。


●保険料を納める方法として

  納付書・口座振替・クレジットカードの中からお選びいただけます。
     
  納付方法にかかわらず前納制度がお得です。
  一定期間分まとめて前納すると、保険料が割引されます。

  口座振替が大変便利でお得です。
  毎月、金融機関へ支払いに行くわずらわしさや、納め忘れがありません。
  口座振替で前納すると、納付書で前納するより割引額が多くなります。
  口座振替(当月分の保険料を当月末振替)なら1ヶ月ごとの納付でも割引き(50円/月)が受けられます。

  クレジットカード納付で前納する場合、割引額は納付書で前納する場合と同じです。
  国民年金保険料を納付することでカードへポイントが加算されるかどうかにつきましては、各カード会社へ確認をお願
  いします。


●加入の手続きに必要なもの
身分証明書
みとめ印
年金手帳
会社を辞めた場合、その日付のわかるもの
            (健康保険の資格喪失証明書・離職票・退職辞令など)
配偶者の扶養からはずれた場合、その日付のわかるもの
            (健康保険の扶養喪失証明書・雇用保険受給資格者証など)
通帳・届出印          ※口座振替納付希望者・60歳以上任意加入希望者のみ
クレジットカード      ※クレジットカード納付希望者のみ

※代理人が手続きする場合は、その他に代理人の本人確認ができるもの(運転免許証・健康保険証など)をお持ちください。委任状が必要な場合もあります。

■国民年金の脱退について

 厚生年金への加入や配偶者の扶養に入った(第3号被保険者へ変更した)方の第1号被保険者からの脱退手続きは市役所では必要ありません。勤務先が日本年金機構へ届出をすることで自動で切り替わりますので、変更となった前月までの保険料を納めていただくようになります。
 ただし納付方法を口座振替やクレジットカードにされていたときには辞退届を提出していただいた方がよい場合もありますので、窓口でご相談ください。
 また仮に二重でお支払いいただいた場合は、日本年金機構から還付のお知らせが届きますので、通知をお待ちください。