当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

腐食のおそれが特に高いタンクの区分

 

 腐食のおそれが特に高い地下貯蔵タンクは次表に掲げるものです
                       »»塗覆装の種類(告示第4条の48)についてはこちら

設置年数

塗覆装の種類

設計板厚

50年以上

アスファルト

(告示第4条の48第1項第2号に定めるもの。以下同じ。)

全ての設計板厚

モルタル

(告示第4条の48第1項第1号に定めるもの。以下同じ。

8.0mm未満

エポキシ樹脂又はタールエポキシ樹脂

(告示第4条の48第1項第3号に定めるもの。以下同じ。)

6.0mm未満

強化プラスチック

(告示第4条の48第1項第4号に定めるもの。以下同じ。)

4.5mm未満

40年以上50年未満

アスファルト

4.5mm未満






















                                                                                            
 

 ○設置年数は当該地下貯蔵タンクの設置時の許可に係る完成検査済証の交付年月日を
   起算日とした年数をいいます。
 
 ○塗覆装の種類は、告示第4条の48第1項に掲げる外面の保護の方法をいいます。

 ○設計板厚は、当該地下貯蔵タンクの設置時の板厚をいい、設置又は変更の許可の申
   請における添付書類に記載された数値をいいます。