危険物の微少な漏れを検知するための設備

告示4条の49の2

直径0.3mm以下の開口部からの危険物の漏れを常時検知することができる設備のことであり、具体的には、埋設された地下貯蔵タンクに貯蔵されている危険物の液面を常に計測して、危険物の液面の変化を検知し、警報を発するシステム(高精度液面計)などをいいます。