用語解説(住民票に関するもの)

住民票の写し

住民票の写しとは,誰がどこにいつから住んでいるかを住所のおいてある市区町村で証明するものです。
平成24年7月9日より外国人住民の方も住民票に記載されました。
住民票には,
1.住所・氏名(通称を登録している外国人住民の方については氏名及び通称)・生年月日・性別
2.倉敷市の住民になった日
3.現在の住所に住み始めた日・それを届け出た日とその前の住所
4.世帯主の氏名・世帯主との続柄
5.本籍・筆頭者(日本人住民の方のみ)
6.住民票コード
7.国籍・地域(該当する外国人住民の方のみ)
8.在留情報〔住民基本台帳法30条の45に規定する区分・在留資格・在留期間等・在留期間等の満了の日〕
(該当する外国人住民の方のみ)
9.在留カード・特別永住者証明書の番号(該当する外国人住民の方のみ)
などが載っています。4・5・7・8・9を省略した住民票の写しを出すこともできます。
なお,6は通常省略されています。

消除された住民票の写し

消除された住民票の写しとは,転出や死亡などにより消除された住民票を写したものです。

世帯主

世帯主とは,一つの住民票の中に記載されている世帯の代表者です。
主に世帯の生計をになっている人で,社会通念上妥当と認められる人ということになっています。
引越しのお届けの際には,その世帯の方たちで相談して,ふさわしい人をお届けいただくことになります。

住民票コード

住民基本台帳ネットワークの中で住民個人を単位とする全国共通のコードのことで,11桁の数字によって構成されます。
倉敷市では,平成14年8月に,当時住民登録されていた方へ住民票コード通知票を送付いたしました。
出生などで新たに倉敷市の住民票に記載されることとなった方には,随時通知票をお送りしています。
また,平成25年7月8日に外国人住民の方へ住民票コードが付番され,通知票を送付いたしました。
なお,住民票コードは全国共通の番号で,転入・転出・転居または氏名の変更などで番号が変わることはありません。

○お問い合わせ先
倉敷市役所
本庁 市民課 〒710-8565 倉敷市西中新田640番地 086-426-3265
児島支所 市民課 〒711-8565 倉敷市児島小川町3681番地3 086-473-1112
玉島支所 市民課 〒713-8565 倉敷市玉島阿賀崎1丁目1番1号 086-522-8112
水島支所 市民課 〒712-8565 倉敷市水島北幸町1番1号 086-446-1112
庄支所 市民係 〒701-0111 倉敷市上東756番地 086-462-1212
茶屋町支所 市民係 〒710-1101 倉敷市茶屋町2087番地 086-428-0001
船穂支所 市民税務係 〒710-0293 倉敷市船穂町船穂2897番地2 086-552-5100
真備支所 市民課 〒710-1398 倉敷市真備町箭田1141番地1 086-698-1113