〉高度救助隊

 
           倉敷消防署には「高度救助隊」という、救助の専門部隊があります。近年、大規模な災害が多発している状況から、全国的に救助体制の強化を図るため、中核市に高度救助隊が発足されました。
 この「高度救助隊」は、人命救助に関する専門的かつ高度な教育を受けた隊員22名と高度救助資機材等を装備した救助工作車1台で編成された部隊で、国際緊急援助隊として海外への災害派遣なども行っています。




高度救助隊車両の紹介

倉敷救助1号車

           平成28年に納入された倉敷救助1号車。一般救助事案から大規模災害まで想定された車両です。

倉敷梯子1号車(50m級)

           平成17年に納入された倉敷梯子1号車。高さ50mまで梯子が伸びます。

倉敷積載1号車(油圧式コンテナ着脱装置付)

 平成24年に納入された倉敷積載1号車。アームロールが付いておりコンテナと平ボディに変えることが可能です。NBC資機材,水難資機材,震災資機材を積み運用しています。