くらしき防災キャンプ

『くらしき防災キャンプ実施事業』を平成24年7月27日~29日琴浦北小学校において実施しました。
(平成24年度「岡山県防災教育キャンプモデル事業」(文部科学省 「体験活動推進プロジェクト(防災キャンプ推進事業)」)として倉敷市が取組)

◎実施目的
☆防災教育の観点に立った青少年の体験活動を推進すること
○児童生徒が地域住民の一員としての発達段階に応じた防災知識や避難所等における役割について体験的に学ぶこと
○地域住民が非常時に地域住民等がとるべき行動を体験的に学ぶ機会となるとともに、災害時に助け合うことのできる地域の絆の構築すること
 
◎実施内容

プログラム内容

実施内容詳細

防災食

防災危機管理室職員による説明、防災食体験、窯作り体験

ダンボールハウス製作

川崎医療福祉大学大戸教授による講話(大人※子ども15分受講)、生涯学習課職員の指導によるダンボールハウス製作(子ども※大人も講演終了後参加)

食事(炊き出し、野外炊事×2、屋内調理)

子ども、保護者、地域住民が役割分担、アイデアを出し調理

消防署見学(子ども)

児島消防署職員による指導、消防署見学、被救助体験、防災学習

講演(次なる大規模災害に備えて)(大人)

自衛隊岡山地方協力本部長による防災知識や避難所等における役割や災害派遣活動等についての講話

給水車派遣

水道局職員による給水車説明、給水訓練、バケツリレー(野外炊事・ドラム缶風呂用)

ドラム缶風呂体験

自然の家職員による入浴指導、ドラム缶風呂入浴体験、入浴準備(薪割り、湯沸し)

参加者交流

自然の家職員の指導によるキャンプファイヤーの実施

着衣泳体験(子ども))

琴浦北小学校教諭の指導による着衣泳体験

講演(被災地での活動体験を聞こう)(大人)

保健師及び消防士として被災地へ派遣された体験談及びボランティアで被災地に行った職員の体験談の講話

◎参加者数
95人(児童22人・保護者19人・地域住民等54人)
00-01
倉敷市教育委員会生涯学習課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3845  【FAX】 086-421-6018  【E-Mail】 edulife@city.kurashiki.okayama.jp

このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。メールを送信いただく際には、「パソコンからのメール拒否」や、「ドメイン拒否」などの各種設定にお気をつけください。生涯学習課からのメールが届かない場合があります。