PM2.5について

最新情報

現在、岡山県から暫定的な指針に基づく注意喚起の情報は発令されていません。

 

1.注意喚起の目安
岡山県では、次項各号に揚げる区域が次の各号に該当するときは、当該区域に注意喚起を行います。
ただし、測定値が明らかに下降傾向であるなどPM2.5の濃度が下降すると見込まれるときは、注意喚起が行われません。
(1)一般大気測定局(以下「一般局」という。)の2局以上において、早朝(午前5時から午前7時まで)のPM2.5の1時間値の平均値が85μg/3mを超過したとき
(2)一般局の1局以上において、午前5時から正午までのPM2.5の1時間値の平均値が80μg/m3を超過したとき

2.注意喚起の区域について
注意喚起は、区域ごとに行われます。区域は下記のとおりです。
・県南部(岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、井原町、総社市、高梁市、備前市、
     瀬戸内市、赤磐市、浅口市、和気町、早島町、里庄町、矢掛町、
     吉備中央町)
・県北部(津山市、新見氏、真庭氏、美作市、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、
     西粟倉村、久米南町、美崎町)

3.県内全域での発令について
なお、次のいずれかに該当するときは、県内全域に注意喚起が行われます。ただし、測定値が明らかに下降傾向であるなどPM2.5の濃度が下降すると見込まれるときは、注意喚起が行われません。
(1)2号で揚げる区域のいずれかの一方の区域が注意喚起の目安に該当する場合であって、広域的な視点から他方の区域にも注意喚起を行う必要があると認められるとき
(2)県南部における一般局、かつ、県北部における一般局の1局において、早朝(午前5時から午前7時まで)のPM2.5の1時間値の平均値が85μg/m3を超過したとき

 

お知らせ

環境省の暫定指針について
微小粒子状物質(PM2.5)についての環境省の専門家会合が、平成25年2月27日に開催され外出自粛など注意喚起のための暫定指針が公表されました。

  PM2.5の大気中濃度が環境基準(1立方メートルあたり1日の平均で35マイクログラム以下)の2倍(70マイクログラム)を超えると予想される日に、都道府県が住民に外出の自粛などを呼びかけることとしており、暫定的な指針と位置づけられています。また、特に、心臓や肺に持病のある人やお年寄り、子どもなど影響を受けやすいと考えられる人については、70マイクログラム以下でも、体調に応じてより慎重に行動することが求められています。

倉敷市の観測状況

倉敷市内のPM2.5の測定結果をお知らせします。なお、この数値は確定前の速報値であり、後日修正されることがあります。


<現在の状況>

 直近の速報値をご覧いただけます。


 1時間ごとのPM2.5の速報値はこちら  ⇒  「倉敷市の1時間値の状況


 日平均値のPM2.5の速報値はこちら  ⇒  「倉敷市の日平均値の状況


 岡山県内のPM2.5の速報値はこちら  ⇒  「岡山県の大気環境の状況

行動のめやす

岡山県から注意喚起の情報がありましたら、次のような点に注意して行動しましょう。

   ・ 不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
   ・ 室内の換気や窓の開閉を必要最小限にする。
   ・ 呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方は体調に応じて、より慎重に行動
     する。
    

微小粒子状物質PM2.5とは

大気中に存在する浮遊粒子状物質(SPM)のうち、直径が2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼びます。石油・石炭などが燃える過程で生成されることが多く、自動車や工場から排出され、さまざまな化学物質を含んでいます。直径の大きい粒子に比べて大気中に漂っている時間が長く、肺の奥や血管中にまで入り込んで沈着しやすいため,健康への影響が懸念されています。

 

環境基準

日本では平成21年9月にPM2.5の環境基準を以下のとおり定めています。
「1立方メートル当たり、日平均35マイクログラム以下」かつ「1立方メートル当たり、年平均15マイクログラム以下」
 

PM2.5に関する情報サイト