倉敷市生活交通基本計画の概要

倉敷市生活交通基本計画の目的 

 

 バスなどの公共交通は、高齢者などにとって重要な移動手段であり、さらなる高齢社会に対応するためにも必要不可欠なものです。しかしながら、本市における公共交通は、自家用車への依存の高まりから、利用者が減少し、減便や廃止が進むことにより、急速に市民の足が失われている状況です。

 また、自家用車利用の増大は、CO2排出量が増加するなど、環境負荷の少ない公共交通を軸とした喫緊の対策が必要となっています。

 このことから、交通弱者などが移動しやすい環境を整備するなど、福祉的な対応も含め、公共交通と福祉交通を合わせた総合的な生活交通として、その果たす役割や位置づけを明確にし、日常生活の移動手段の確保に向け、施策を推進するものです。



 倉敷市生活交通基本計画  PDF形式 13,839KB
 
        (概要版)  PDF形式 5244KB