電子入札

新電子入札システムへの移行について

   倉敷市では、岡山県独自開発の電子入札システムをベースとしたシステムを利用することにより、平成21年度から電子入札を行ってきました。この間、利便性の向上や入札制度の改正等の諸事に対応するためシステムの改良を重ねてきましたが、社会の急速なIT化に伴うセキュリティ強化の必要性や、度重なるシステムの改良によるカスタマイズの限界といった問題が見られるようになりました。こうしたことから、今回、県と市町の電子入札システムを統合し、一部の中央省庁や独立行政法人、岡山県を除く46都道府県、そして政令市をはじめとする全国の多数の市町村において導入されている「電子入札コアシステム」を基盤とした全国標準のシステム(新電子入札システム)にリニューアルすることとしました。 新電子入札システムは、開札日が平成30年4月1日以降の案件から使用します。

新電子入札システムへの移行に伴う変更について

 新電子入札システムでは、入札公告や入札(見積)説明書等を「入札情報公開システム」上で公開しますので、ご注意ください。また、設計図書パスワードの廃止等、運用の変更点や注意点について、次のPDFをご確認ください。

   倉敷市における電子入札の運用の変更について(PDF)

ICカード有効期限切に伴う注意事項

 ICカードの有効期限が切れてしまうと、そのICカードでは電子入札システムを使用できなくなります。また、一般競争入札の入札参加資格確認申請書(以下、参加申請書という)や入札書提出時に使用したICカードが参加申請書受付締切日や開札日までに有効期限切れとなった場合、提出された参加申請書や入札書を開封することができなくなるため、参加申請書や入札書が無効となりますので、参加申請書や入札書を提出する際は、必ずICカードの有効期限が参加申請書受付締切日や開札日以降であることを確認後、参加申請や入札を行ってください。 

 電子証明書(ICカード)有効期限切れに伴う注意事項

電力会社が実施する計画停電の影響について

   計画停電対象地域でシステムをご利用の事業者の方は,計画停電の予定範囲及び時間等をあらかじめご確認のうえ,余裕をもってシステム操作を完了していただきますようお願いします。

最低制限価格の決定方法について

 最低制限価格を設定する案件については,入札参加者が応札時に入力した任意の3桁の数字(「000」を除く)「くじ番号」を利用して「X」及び「Y」の値を決定します。具体的な決定手順については次のPDFをご確認ください。

  最低制限価格の決定方法について(PDF)

同値入札時における順位の決定方法について

 同価の入札をした者が2者以上あるときは,入札参加者が応札時に入力した任意の3桁の数字(「000」を除く)「くじ番号」を利用した同価くじを行い,当該同価グループ内での順位を決定します。具体的な決定手順については次のPDFをご確認ください。

  同値入札時における順位の決定方法について(PDF)

操作マニュアル

  ポータルサイトの「操作マニュアル」よりダウンロードしてください。

   岡山県電子入札共同利用システムホームページ(ポータルサイト)

電子入札における入札後の辞退

  入札者からの申出により特に必要と判断される場合に限り,入札書の提出後であっても開札執行までの間は入札の辞退が可能です。取扱いの詳細については,次のとおりです。

   電子入札における入札後の辞退の取扱いの一部変更について(PDF)

来庁者用端末

   パソコンの故障等により電子入札システムを利用できない方を対象に,契約課窓口に来庁者用端末機を設置しています。
 利用可能時間:午前8時30分から午後5時15分まで(正午から午後1時までを除く。)

電子入札の原則とトラブル対応について

   現行システム同様、新システムにおいても入札手続きは電子入札が原則です。ただし、指名通知書発行後又は入札参加表明期間終了後に、トラブルによりシステムから入札書の提出ができなくなった場合に限り、所定の手続きをすることにより、書面で入札書を提出することができることとします。手続等の注意点について、次のPDFをご確認ください。

 書面入札への切り替えに係る注意点について(PDF)