保育料の軽減・減免制度について

保育料の軽減・減免制度について
 

ここでは保育料の軽減及び減免制度について説明しています。
所定の各様式については,倉敷市保育・幼稚園課,各保健福祉センター福祉課にご用意していますが,このページで        印刷することもできます。
ご不明な点は,倉敷市保育・幼稚園課,各保健福祉センター福祉課へお問い合わせください。

 

  1号認定子ども

(1)多子軽減利用

 *同時利用による軽減                                                  同一世帯において小学校1年生から3年生までに兄姉がいる場合や,就学前の兄姉が次の保育料軽減対象施設を        利用している場合は,小学校3年生までの子どものうち年齢の高い順に2人目は半額,3人目以降は無料となります。         利用施設によっては利用時に所定の様式による申出と施設利用が分かる証明が必要になります。

  保育料軽減対象施設
   【多子軽減の際,申請が不要な施設】
    認定こども園,公立幼稚園,私立幼稚園(施設型給付対象園),保育所,小規模保育園,事業所内保育園    

   【多子軽減の際,申請が必要な施設】
    私立幼稚園(私学助成対象園),特別支援学校幼稚部,児童心理治療施設通所部,児童発達支援,医療型児童発達支援
   ※当該年度内に,「保育料軽減申出書」による申出が必要です。
   ※申出にあたっては,「保育料軽減対象施設等(利用)証明書」の添付が必要です。
   ※満3歳児保育については,在籍している子どもが3歳の誕生月から,軽減の対象となります。

      保育料軽減申出書      保育料軽減対象施設等(利用)証明書

 

 *所得状況に応じた軽減

    倉敷市幼稚園(1号認定)等保育料月額表において階層がBまたはC1階層の場合は,子どもの年齢にかかわらず         養育している子どものうち年齢が高い順に2人目以降無料となります。                             また,階層がC2階層の場合は,子どもの年齢にかかわらず養育している子どものうち年齢が高い順に2人目半額,        3人目以降無料となります。

 

(2)ひとり親世帯等※の軽減

  保育料の階層がBまたはC1階層の場合は,保育料は無料となります。また,C2階層の場合は,子どもの年齢にかか        わらず養育している子どものうち年齢が高い順に1人目が3,000円,2人目以降無料となります。

 ※ひとり親世帯等とは次に該当する世帯です。
    1.母子又は父子世帯
     保護者が児童扶養手当又はひとり親医療の資格を有している世帯
    2.同一世帯に次に掲げる者が同居している世帯
     *療育手帳の交付を受けた者
     *身体障害者手帳の交付を受けた者
     *精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者
     *特別児童扶養手当の支給対象児童
     *国民年金の障害基礎年金の受給者

 

(3)生活困窮による軽減

  生計中心者の失業(自己都合の場合を除く),疾病,若しくは離婚等による収入の著しい減少又は災害等による甚だ       しい被害のために保育料の納付が困難となったときは,保育料の減免制度が適用される場合がありますので,倉敷市        保育・幼稚園課,各保健福祉センター福祉課にご相談ください。
  ※世帯の状況により,減免制度が適用されない場合があります。
  ※日付をさかのぼって減免制度を適用することはできません。

 

 

  2号,3号認定子ども

(1)多子軽減利用

 *同時利用による軽減                                                  同一世帯において,就学前の兄姉が次の保育料軽減対象施設を利用している場合は,就学前の子どものうち年齢の       高い順に2人目は半額,3人目以降は無料となります。利用施設によっては,利用時に所定の様式による申出と施設利用が      分かる証明が必要になります。
  ※対象施設については1号認定子どもと同じです。                                    ※当該年度内に,「保育料軽減申出書」による申出が必要です。
  ※申出にあたっては,「保育料軽減対象施設等(利用)証明書」の添付が必要です。

      保育料軽減申出書      保育料軽減対象施設等(利用)証明書

 

 *所得状況に応じた軽減

    世帯の市民税所得割金額が57,700円未満の場合は,子どもの年齢にかかわらず養育している子どものうち年齢が        高い順に2人目半額,3人目以降無料となります。                                     倉敷市保育所等(2号,3号認定)保育料月額表において階層がB階層の場合は2人目以降無料となります。

 

 *年齢による軽減                                                    施設を利用している3歳児未満(4月1日時点)の子どもが世帯で養育している子どものうち第3子以降である場合         半額となります。(上記「所得状況に応じた軽減」の対象児童を除く。)                             兄姉が保育料軽減対象施設を利用している場合は,上記「同時入所による軽減」の軽減後さらに半額となります。

 

(2)ひとり親世帯等の軽減

   保育料の階層がB階層の場合は,保育料は無料となります。市民税所得割額77,101円未満の場合は,子どもの年齢に      かかわらず養育している子どものうち年齢が高い順に1人目は半額(C1〜C4階層の場合は,1,000円軽減後に半額),        2人目以降は無料となります。                                             また,上記の軽減後の額には上限があり,上限額は3歳未満児9,000円,3歳以上児6,000円です。

 

(3)生活困窮による軽減
  ※1号認定子どもと同じです。



   
                           保育・幼稚園課トップページ

倉敷市 保健福祉局子ども未来部 保育・幼稚園課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 本庁舎1階 15番窓口 【TEL】 086-426-3311